このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

Matsudo Explorations with CIR Erin, Winter 2017・18 Edition

更新日:2018年1月26日

CIRエリンの松戸はっけん、29年・30年冬号

Hello! And welcome to the Winter 2017/18 edition of Matsudo Explorations.
 
This will be my final contribution to this blog. It has been an absolute privilege to live and work in this city over the past few years, and to share my local discoveries as the seasons have passed. But the time to move on to new adventures has arrived, and it is with much warmth and gratitude that I must bid you farewell.
 
I will soon be returning to my home community in Melbourne, Australia to pursue graduate studies in English-Japanese interpreting and translation. Yes, despite the geographical distance I never seem to travel very far! My replacement is scheduled to begin later in the year, so please look forward to their arrival in the summer months. I am sure that they will enjoy living here as much as I have.
 
While there are many things that I love about this city, it is the livability that I have appreciated the most. The connectedness, the convenience, the city lifestyle without the commotion, the family-friendly community. ...the peace! The list goes on, and I encourage you too to make the most of it -

Local Events Calendar

All the very best for 2018 and beyond,

Erin, Coordinator of International Relations
18th January, 2018

Matsudo Keirin

Going to see the Matsudo Keirin had been on my to-do list since I first arrived in this city. For those of you who are not familiar, 'Keirin' is a form of cycle racing in which track cyclists sprint for victory following a speed-controlled start behind a pacer. It is one of Japan's four authorized ‘Public Sports’ where gambling is permitted, so one could say it has a certain reputation. However, I would describe it as being a lot like the velodrome cycling you’d see at the Olympics, just with the ambience of a neighborhood horse track!

The ‘Matsudo Keirin’ velodrome is a designated national-level venue for both the men’s and women’s circuits, and is located just a short walk from JR Kita Matsudo Station. I went along with a group of colleagues after work one evening and, to my delight, we were able to soak it all in from the comfort of a spectator box.

matsudokeirin2

Each race has six to nine cyclists wearing different colored jerseys and helmets. They spend the first few laps following a pace bike and jostling for prime position, before the pace bike pulls away and they are left to sprint for the finish.

While the races themselves were exciting, it was the pre-race routine that had me most intrigued. The cyclists would do several laps on the track before their race, before disappearing back into the waiting area. I presumed this was just their chance to get a feel for the velodrome, but as it turns out it is in equal parts a warm up and a ‘parade’. Like the horses that are led before the spectators pre-race, the Keirin cyclists too have several laps to put their legs on display! And to make known any strategic alliances they may have with other cyclists. I made my observations, put on some bets and…had zero beginners’ luck. Alas, it was a great night out!

I wholeheartedly recommend a visit to the Matsudo Keirin velodrome for anyone seeking an out-of-the-ordinary experience. Visit the velodrome's website here (Japanese). Or click here to learn more about the sport (English/Japanese).


CIRエリンの松戸はっけん、29年・30年冬号

こんにちは!松戸はっけん29年・30年冬号へようこそ!

突然のお知らせですみませんが、私のこのブログは今号で最後となります。今まで数年間、松戸市に住んで働けたこと、また季節の移り変わりの中で自分の地元発見をこのブログで記録できたことを大変誇りに思います。あっという間に感じますが、次の段階に進む時が来ましたので、心と感謝を込めてお別れの挨拶をさせて頂きたいと思います。

私はもうすぐ、大学院で英日の翻訳・通訳を勉強するために、出身地であるオーストラリアのメルボルンに帰ってしまいます。地理的に遠くにいても、心はあまり離れないと思います!夏頃から次の英語圏国際交流員(’CIR’)が任用される予定になっていますので、私の後任者の到着を楽しみにしてください。その方もきっと、私みたいに松戸が気に入ると思います。

私がこの街を好きな点は多くありますが、個人的に最も気に入っていたのは、松戸の住みやすさです。地理的にアクセスの良い便利さ、騒々しさ抜きで都会生活が送れること、家庭にやさしいコミュニティーを誇っていることなど、…地域の平和感も!終わりのないリストになりそうです。この街に住む幸運に恵まれている人と訪問者にも、市内の楽しいイベントを心からお勧めしますので、以下のイベント・カレンダーを是非ご覧くださいー

イベント・カレンダー

では、今後の皆様のご幸福を期待しております。

erinsname2

エリン、松戸市の国際交流員
平成30年1月18日

松戸けいりん

「松戸けいりん」を見に行くことは、松戸に来て以来ずっと、私のやりたいことリストにありました。知らない人のために少し説明すると、「競輪」とは、自転車競走の一種類で、誰が一番初めにゴールするかを競う競技です。スタートから先頭誘導員が選手達の前に走る「先頭固定競走」と呼ばれる競走は、戦略的で激しいものです。競輪はギャンブルが許可されている日本の公営競技の一つとして、確かな評価を得ているとは言えるかもしれません。個人的には ‘地方競馬場の雰囲気で行われている、オリンピック用トラックレースと似ているスポーツ’という説明で、イメージがなんとなく伝わるかと思います!

Jkeirin1
「松戸けいりん」の入口

市内の競輪場「松戸けいりん」は、男女リーグの全国レベルの競輪場として指定され、北松戸駅からすぐ歩いて行ける距離に位置しています。ある時仕事が終わってから職場の仲間たちと一緒に見に行き、居心地のいいラウンジからレースを楽しむことができたのは嬉しかったです。

Jkeirin2

競輪レースでは6名~9名の選手が走り、区別しやすいように、各選手のユニフォームとヘルメットが車番ごとに色分けされています。選手団は、スタートから残り1周半付近までは先頭誘導員の後ろを決まったペースで走り、良いポジションのために押し合ったりします。そして、先頭誘導員がトラックを離れてからゴールまで一所懸命ダッシュをします。

レース自体はもちろん面白かったですが、個人的に一番気に入ったのは「選手紹介」でした。選手達がライダーズゲートから一回トラックに出て、周回してから待機室に戻る、というレース前の一連の流れです。最初、選手の‘トラック試し’なのかと思いましたが、実は、準備運動のためだけではなくて、観客達のための‘パレード’でもあるそうです。つまり、競輪選手も、競馬のパドックみたいに、「脚見せ」「顔見せ」をちゃんとやっているのです!また、他の選手との戦略的な連携を明確にする機会でもあるのだとか。私も、選手紹介を見た後に好きな選手に賭けをしてみました…が、ビギナーズラックに全然恵まれていなかったみたいです!それでも大満足!

いつもと少し違う、独特な体験を探している方に、「松戸けいりん」を全力でおススメします。市内の競輪場を応援しましょう。詳しくは「松戸けいりん」のHPをご覧ください。

Return to the Matsudo Explorations catalogue 「CIRの松戸はっけん」の一覧へ戻る

お問い合わせ

経済振興部 文化観光国際課
千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る