このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

Matsudo Explorations with CIR Erin, Summer 2016 Edition

更新日:2016年12月8日

CIRエリンの松戸はっけん、28年夏号


Hello! And welcome to the Summer 2016 edition of Matsudo Explorations.

As many of you are already aware, summer in Matsudo is HOT. The humid, suffocating kind that makes you glean with sweat and want to take a nap after every meal. However(!), if you can resist that urge to strip down to your undies and lounge infront of the air con, there is a LOT on the local calendar. So grab a hat and a bottle of cold tea and get amongst the festivities!

September 2016 Event Calendar

August 2016 Event Calendar

As Matsudo City's Coordinator of International Relations ('CIR'), it is my goal to explore and experience the local area, and to then share local information in English with as many people as possible. So for those of you yet to make it to this great city in person, I will periodically update this page with reviews and photos of my summer explorations. May it provide you with that final push you need to cross the Edogawa River and join us in Matsudo this summer!

Keep cool,

erinname

Erin, Coordinator of International Relations
4th August, 2016

There are more adventures! Click here for Autumn 2016's installment

September 9th, PARADISE AIR special concert - Sui Zhen

I am a big supporter of local artist-in-residence PARADISE AIR. They put on an array of free events to enable local and international artists to share their works with the Matsudo community (further information on the Global Encounters page). One such event was Australian musician and video maker Sui Zhen’s live performance at local performance space FAN CLUB.

Sui Zhen and her band had spent two weeks songwriting and jamming at PARADISE AIR as a part of the Short Stay Program. Their Fan Club performance was intimate and fun, with smoke and laser lights emphasizing Sui Zhen’s unique brand of electro pop. After the show DJ Rowan kept the vibe alive while the band, staff and attendees danced the night away!

August 27th, "Feel the rhythm", outdoor live music @ Forest & Park for the 21st Century

I'm not going to lie. I almost gave "Feel the rhythm" a miss. The weather was grey, I was weary after a day of housework, and the couch looked oh-so-inviting. Nonetheless, guilt is a powerful force! And I had told waaay too many people in advance that I was looking forward to it (ha). Turns out that was an excellent game plan.

"Feel the rhythm" was an Anywhere Theatre* production, combining live music with Matsudo's premier green space, the Forest & Park for the 21st Century. The stage and seating were set up underneath the bridge overpass, protecting both the band and the audience from the elements. The night sky gave the space a fairy tale-esque feel.

The six-piece band played a mixture of background music and crowd-pleasing tracks, and their smooth vibe was complemented by the gourmet take-away food and drink offerings available on site. I treated myself to a red-wine sangria that I promise tasted exactly like a European Christmas. And after an hour or so of music my stresses had all but melted away!


*The Anywhere Theatre series is a free outdoor entertainment series coordinated in collaboration with the City Hall and designed to bring music and theatre to the people. Keep an eye on the Local Event Calendar page for information about future productions.

dokodemotheatre
"Feel the rhythm", an 'Anywhere Theatre' production

August 20th, MIEA English Speech Contest for high school students

English was in the air on Saturday the 20th! This year's English Speech Contest attracted nineteen contestants from high schools all across Matsudo, an impressive seven students more than the year before. I was fortunate enough to be on the judging panel with a front row seat to all of the action.

I was impressed not only by the considerable effort that that each student put into their preparations, but also by the depth of each of their speeches. Common topics included self-confidence, the importance of family, and dreams for the future - what an optimistic and proactive bunch Matsudo's youth are! Let's also keep in mind that many people would rate public speaking as more frightening than the possibility of an untimely death. Add a second language into the mix and it is all the more deserving of recognition and praise.

This year's grand prize went to 1st year student Miss Chinatsu Kobayashi, who overcame fierce competition with her speech entitled "Never, ever, give up." She and 4 runners up have been awarded the coveted prize of a trip to AUSTRALIA(!) to visit Matsudo's sister city, The City of Whitehorse. Talk about a great reward!

The English Speech Contest is an annual event and is open for public viewing. For more information about how to enter in the future, please contact the Matsudo International Exchange Association directly (047-366-7310, English available).

speechcontestgroup
Contestants, judges, officials and MCs

August 9th-10th, Sakagawa Lantern Festival

The Sakagawa Lantern Festival is possibly my favourite festival on the Matsudo calendar. Not only was it walking distance from the office (and on a weekday no less!), the atmosphere was friendly and the music was great. The backdrop wasn't so bad either, with hundreds of handmade lanterns reflecting their orangey hue in the water as they quietly floated down the river. Within 5 minutes of arriving I had crossed paths with friends from the Paradise Air Artist in Residence program, the Armour Enthusiasts Society and the Matsudo Tourism Association, not to mention half of my City Hall colleagues! It was definitely the place to be.

The ambience would have almost been romantic had I not been distracted by the promise of grilled corn! The Sakagawa Lantern Festival is famous for its grilled corn-on-the-cob offerings, so much so that you have to queue to get your hands on some. Many locals even buy them to take home to the family. I had neither the patience (nor the elegance!) to wait that long and instead had unwrapped mine and devoured it within 10 meters of the stall.

The Sakagawa Lantern Festival is an annual event - I hope to see you there next year!

kentoumatsuri2
Handmade lanterns on the Sakagawa River

August 6th, Matsudo Fireworks Festival

I hail from a country where fireworks are reserved for New Years Eve, and where the concept of letting them off anywhere near any scrubland in the middle of summer is...well, not even a concept (ha). As such, entire festivals dedicated to fireworks are a real treat! And this year's 'Matsudo Dream Fireworks' was no exception.

It was one of the hottest days of the season, but that didn't keep the community away. Over 200,000 locals and visitors converged on the Edogawa River in anticipation of the annual event, a considerable increase on last year's spectator numbers. And despite the crowds, the evening ran smoothly with minimal incidents. I spent it manning the central administration tent, just in case any foreign spectators required assistance. Fortunately, my services were not required!

The fireworks display itself was divided into four segments, totaling over an hour. My favourite was the third segment - "Dream fireworks dancing above the city", which was synchronised to music and completely hypnotizing. For those of you who couldn't make it this year, get out the calendar and mark off the first Saturday in August 2017. Don't go missing out twice!

August 3rd-4th, Yagiri Beer Festival

"I love a cold beer at the end of a stinking hot day!" ...said every.single.person in Matsudo this August! The annual Yagiri Beer Festival beckoned people from all across the city.

Yagiri's station plaza was transformed into a bustling hot spot of on-tap beer and 'yakitori' chicken skewers, with an aroma to match. Local dance groups and enka singers performed from the stage infront of countless families, workers and school children. The weather was warm, as was the atmosphere.

Whilst I'm not much of a beer drinker myself, I did indulge in an enormous snow cone and countless chicken skewers. Definitely worth the visit!


Return to the Matsudo Explorations catalogue 「CIRの松戸はっけん」の一覧へ戻る

CIRエリンの松戸はっけん、28年夏号

こんにちは!松戸はっけん2016夏号へようこそ!

みなさんもお気づきかとは思いますが、松戸の夏は大変暑いです。ものすごく汗をかいてしまったり、食後すぐに昼寝をしたくなるような、息の詰まるような湿度の高い暑さですね。しかし(!)、服を脱いで下着だけでエアコンの前でゴロゴロしたい気持ちは抑えて、イベントいっぱいのローカル・カレンダーに目を向けてください!帽子と冷たいお茶を用意してたくさん遊びましょう!

9月のイベント・カレンダー

8月のイベント・カレンダー

松戸市の国際交流員(’CIR’)としての主な目的は、松戸市の隅々を発見し、できるだけ多くの人に地域の情報を英語で発信することです。この素晴らしい都市に訪問する機会をまだ得ていない皆のために、夏のあいだ自分で経験した松戸市内の祭り・イベント・観光地などの感想と写真を用意して定期的にこのページを更新します。江戸川を渡って松戸にやって来てみるモチベーションとなりますように!(松戸に行ってみるか!と江戸川を越える背中のもう一押しになれたら嬉しいです!)
 
また松戸で!

erinsname

エリン、松戸市の国際交流員
8月4日

はっけんがさらにもっとあります!28年秋号はこちら

9月9日、PARADISE AIRライブ・コンサート:Sui Zhen

私は、松戸市に拠点を置くアーティスト・イン・レジデンス* PARADISE AIRの大ファンです。PARADISE AIRは、国内外のアーティストを松戸市に招き、市民が多様なアートに出会う機会を次々と作り出しています(詳しくは「国際窓口」のページをご覧ください)。その一つとして、9月9日に『FAN CLUB』というイベントスペースで、オーストラリア出身の音楽家でビデオ・アーティストであるSui Zhenのライブが行われました。

Sui Zhenとバンドメンバー3人は、PARADISE AIRのショートステイ・プログラムで松戸に滞在し、練習と作詞作曲をしながら2週間を過ごしました。FAN CLUBでのライブは楽しくくつろいだ雰囲気で、Sui Zhenの独特なエレクトロ・ポップが、演奏中に使用したスモークマシンとレーザーライトの効果でさらに強調されました。ライブ後、賑やかな雰囲気はDJ Rowanに引き継がれ、Sui Zhenとバンド、スタッフ、お客さんみんなで何時間も楽しく踊りました。

*アーティスト・イン・レジデンス(Artist In Residence)とは:芸術家に一定期間、滞在場所と制作場所を提供し、旅費と制作活動を支援するプログラム。

8月27日、ドコでもシアター「リズムを刻む夏夜の森」

実を言うと、「リズムを刻む夏夜の森」に行くのはやめようかな、と当日少し迷っていました。天気が悪く、一日中アパートの掃除をして疲れており、寝心地の良いソファにも気を取られました…が、楽しみにしていることをすでに多くの人に伝えてしまっていたので、この罪悪感の威力は無視できませんでした!結果的にこれは良い作戦でした!

「リズムを刻む夏夜の森」は、「ドコでもシアター」*のイベントで、生音楽を松戸市一大きな公園と融合させたものです。今回は雨模様だったので、バンドもお客さんも雨を避けられるように、舞台と座席エリアは「橋の下」に設置されました。夜空により、周りの雰囲気が童話のように感じました。

6人編成のバンドは、広く知られている曲とBGM的な曲を両方演奏し、そのスムーズなリズムが、出店者のグルメを引き立てていました。ヨーロッパのクリスマスの香りがする赤サングリアを味わいながら音楽を1時間聞いたら、私のその日のストレスは完全に溶けてなくなりました。


*「ドコでもシアター」は、松戸市民に芸能を近づけることを目的とする、無料のアウトドア舞台芸術のシリーズであり、松戸市役所と協力して提供されています。将来のイベントについて詳しくは、イベント・カレンダーのページをご覧ください。

dokodemoshiataa
ドコでもシアター「リズムを刻む夏夜の森」

8月20日、MIEA高校生英語スピーチコンテスト

8月20日、松戸に英語の風が吹きました!今年の英語スピーチコンテストは、松戸市内の数ある高等学校から19名もの出場者が集まりました。去年より出場者が7人も増え、大人気なコンクールでした。運が良いことに、私は審査員として参加させていただいたおかげで、最も良い席からスピーチをしっかり聞けました。

各出場者がスピーチの準備に注ぎ込んだ努力だけではなく、それぞれのスピーチの深さにも感動しました。自信、家族の重要性、将来の夢などの共通したテーマは、松戸の青少年の前向きさとやる気の証しではないでしょうか!人前で話すのが怖くて死んだほうがマシ!という感覚よくありますよね。それを第二言語でやりとげた!間違いなく、全ての出場者は評価と称賛に値します。

今年の優勝者は一年生の小林 千夏さんです。激しい競争を乗り越え、「Never, ever, give up.」というスピーチで優勝しました。小林さんと上位入賞者4人は、松戸市のオーストラリアにある姉妹都市「ホワイトホース市」を訪問する機会が授与されました。誰もが欲しい賞ですね!

松戸市高校生英語スピーチコンテストは毎年行うイベントで、一般の観客さんに公開されています。より詳しい情報、また将来のコンテストに出場する方法に関しては、直接MIEAにご連絡ください(電話: 047-366-7310)。

speechcontest16groupshot
出場者、審査員、来賓、司会

8月9日~10日、坂川献灯まつり

坂川沿道の献灯まつりは、個人的に松戸のイベントの中で一番好きなまつりかもしれません。雰囲気と生音楽が良く、私のオフィスから歩けるほど近い場所で、平日の午後3時より行われることに加え、坂川で静かに流される何百もの灯篭と水面に映るオレンジ色も壮観です。会場に到着して5分以内に、パラダイス・エアと、松戸市甲冑愛好会、松戸観光協会の友達に偶然に出会い、その後同僚の何人にも出会いました。皆が行きたがるまつりですね!

献灯の揺れる灯りがとてもロマンチックでしたが、私はとうもろこしへの食欲に完全に気を取られました!買うために長い列に並ばなければならないほど、坂川献灯まつりの焼きとうもろこしは人気があり、家族のために持ち帰りで買う市民も少なくなかったです。でも私の場合は、我慢できなくて買ってすぐ屋台の隣でガツガツ食べました。おいしかったです!

坂川献灯まつりは毎年行うイベントですので、来年会場でお会いしましょう!


手作り灯篭

8月6日、松戸花火大会

私の母国では、花火は大晦日の夜に限定されていて、山火事の危険もある為、真夏に草地の近くで花火を打ち上げるなんて、考えにも及ばないほど厳しく禁止されています。なので、花火に情熱を注ぐ‘花火大会’のようなイベントは非常に特別です!期待通り、今年の松戸市花火大会「~みんなであげる夢花火」はすごかったです。

当日の暑い天気にも関わらず、去年よりさらに増えた20万4千人もの観客が花火に心を弾ませながら江戸川の川岸に集まってきました。ありがたいことに、深刻な事故も起こらず、スムーズに進みました。私は、外国人観客のサポート役として大会本部にいましたが、困っている外国人が訪れることは無く、私の出番が必要とならなかったことをうれしく報告します!

花火の打ち上げそのものは四章に分けられ、全章で1時間以上も続きました。私の一番好きな章は、音楽に合わせた「勢いよく舞い上がる夢花火」と呼ばれる第三章でした。本当にうっとりしました!

特に今年見に来られなかった皆様に伝えたいです。カレンダーを取り出して、平成29年8月の最初の土曜日に印を必ず付けてくださいね。来年こそ絶対に、松戸の花火を見逃してしまわないように!

8月3日~4日、矢切ビールまつり

「こんな暑い一日の終わりには、冷たいビールが最高!」松戸の人みーんなが8月に言いました!毎年恒例の矢切ビールまつりに、今年も松戸各地から大勢の人が集まりました。

矢切駅広場は、生ビールと焼き鳥の香りが漂う賑やかなホットスポットに変わりました。様々な地域団体が舞台に上がり、数えきれないほどの家族連れや、学生、会社員などを前に、ダンスや演歌を披露しました。天気も雰囲気も、両方とも暖かかったです。

私はあまりビールが好きな人ではないのですが、大きなかき氷と焼き鳥をむしゃむしゃ食べて大満足でした。行ってよかったです!

Return to the Matsudo Explorations catalogue 「CIRの松戸はっけん」の一覧へ戻る

お問い合わせ

経済振興部 文化観光国際課
千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る