このページの先頭です
このページの本文へ移動

第四期緑推進委員会

更新日:2013年11月25日

第四期緑推進委員会の活動

 平成18年7月1日より、第四期緑推進委員会がスタートしました。第三期の提言を継続し、今後、緑の保全・創出に関する課題や、緑の基本計画の見直し等について調査審議していきました。

1.本委員会で検討・活動

緑の基本計画見直しにおける検討事項として、次の2項目を本委員会の場で議論しました。

  • 「みどりの市民憲章」、「みどりの行動計画」と緑の基本計画における基本理念とのすり合わせ
  • みどりの拠点としての21世紀の森と広場の役割の強化についての検討

緑推進委員会の会議風景

2.緑の基本計画見直し部会

緑推進委員会内の検討部会として、次の4項目について議論を深めて本委員会へ報告します。

緑の基本計画見直し部会での風景

  • 樹林地保全の方策についての検討
  • みどりの担い手づくりの検討
  • 新しい法制度(都市緑地法・景観法)への対応
  • 緑推進委員会の活動への評価

3.みどりの行動計画推進会議

 緑推進委員会内の部会として、緑推進委員会OBや市民も加わって行動計画メニューを策定し、活動しています。

  • 2005年度~2006年度は「木や花に名札をつけよう」
  • 2007年度は「みどりのマップづくり―身近なみどりを知ろう―」

4.緑と花のフェスティバル2007への参加

 平成19年4月29日に「21世紀の森と広場」で開催された、「緑と花のフェスティバル2007―子どもたちの夢とあそびを受けとめるみどりをいっぱいにしよう―」に緑推進委員会として参加しました。

  • ステージ発表(みどりの市民憲章・みどりの行動計画)・パネル展示
  • みどりのスタンプラリー ・ミニ自然観察会

※千葉大学園芸学部の協力でアンケート結果を取りまとめました。

第四期緑推進委員会の提言

提言の概要

重点的に取り組むべき施策の提言

持続可能な都市づくりに貢献する先導的な計画として「緑の基本計画」を位置づけ、その中でも、今後10年間で重点的に取り組むべき施策として次の5項目が提言されました。

  1. 樹林地保全施策をより積極的に展開させる。
  2. パークマネージメントを構築し、21世紀の森と広場を活性化させる。
  3. 地域の個性をいかした公園の再生と緑化の推進を図る。
  4. みどりの市民力(注)を強化し充実させる。
  5. これら重点施策の実現のための推進体制を確立し、実現可能な枠組みや具体的なモデルを早期に提示する。

(注)委員会により示された新しい緑推進の考え方。松戸みどりの市民憲章の理念に基づいた市民・企業・行政・市民団体・学校・基金などの各主体の結束によって、みどりに関する課題を解決していく力

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

街づくり部 みどりと花の課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館8階
電話番号:047-366-7378 FAX:047-368-9595

本文ここまで