このページの先頭です
このページの本文へ移動

東京2020オリンピック聖火リレー

 オリンピック聖火リレーは、ギリシャでの採火式から始まり、その後日本に空輸されたオリンピック聖火は、リレーに先立ち「復興の火」として令和2(2020)年3月20日(金曜)から3月25日(水曜)まで、東日本大震災被災3県にて特別展示されます。その後、3月26日(木曜)に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」を出発し、121日間(移動日を含める)をかけて日本全国を巡ります。そして、7月24日(金曜)に新国立競技場で行われる開会式で聖火台に点火され、大会が終わるまで灯し続けられます。

松戸市が東京2020オリンピック聖火リレールートに決定しました!

東京2020オリンピック聖火リレー開催

 オリンピック聖火リレーの千葉県区間は、7月2日(木曜)から4日(土曜)に実施され、本市が7月4日(土曜)に最終区間としてオリンピック聖火リレールートに決定しました。また、『松戸中央公園』が各日の最終聖火ランナー到着を祝う式典『セレブレーション会場』に決定しました。
 なお、オリンピック聖火ランナーの情報については、今後、東京2020組織委員会や千葉県を通じて公表される予定です。

新着情報

東京2020オリンピック聖火リレー 松戸市内詳細ルートおよび出発・到着予定時間が公表されました

東京2020オリンピック聖火リレー ようこそ!松戸の道へ

セレブレーション会場『松戸中央公園』には市指定文化財があるのをご存知ですか?

松戸中央公園正門門柱(旧陸軍工兵学校正門門柱)

旧陸軍工兵学校歩哨哨舎

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京2020大会聖火リレー(東京2020公式ウェブサイト)

千葉県が東京2020オリンピック聖火ランナーの募集を開始しました(終了しました)

令和2年1月の松戸市七草マラソン大会は中止します

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組み

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで