このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

住んでよいまち・訪ねてよいまち まつど 松戸市総合計画(基本構想・基本計画・実施計画)

更新日:2017年6月5日

 私たちのまち松戸市は、首都圏有数の生活都市として発展を続けております。この生活都市「松戸」を、目前に迫った21世紀を見据えて、真に豊かさを感じられる、より充実した都市としての環境を築いていくことが、私たちの大きな課題です。
 そこで、西暦2000年をめざして昭和52年に策定された長期構想に替わる市の基本指針として、これからの時代に的確に対応するため、急速な高齢化、国際化の進展、環境問題の深刻化など近年の社会状況の変化をふまえ、グローバルな視点と市民生活へのきめ細かな視点をもちながら、多くの市民の皆様のご協力をいただき、ここに2020年を目標年次とした新たな総合計画を策定いたしました。
 新総合計画は、「人」「地域」「都市」の視点から、市民一人ひとりがまちの主人公として「緑花清流」のある豊かな自然環境の中で、健康でいきいきした生活を営み、個性と活力ある新たなライフスタイルを創造できるまちづくりを進めることをテーマとした計画です。
 この計画の推進にあたりましては、今日の社会・経済状況の変化が激しく、行政運営にとっても楽観できない見通しの中、不屈の意志と努力が必要と実感しています。私は、21世紀の魅力ある松戸市を、そして、次代を担う子どもたちのふるさとを創生するために、市民の皆様や事業者の方々と手を携えて、素早く効果的な政策対応が図られるよう全力を傾注してまいる所存です。
 策定にあたりまして、熱心にご審議いただいた審議委員会委員の皆様、ならびに貴重なご意見をいただきました市民の皆様、関係者の方々に心から感謝を申し上げます。

平成10年4月
松戸市長 川井 敏久

総合計画の目的

 松戸市では、昭和52年(1977年)3月に「松戸市基本構想」と、構想に掲げられた西暦2000年の都市像「文化的で緑豊かな住みよい活気のある都市」の実現をめざした基本計画としての「松戸市長期構想-21世紀の松戸をめざして-」を策定しました。以降、これをまちづくりの指針として、第5次目の実施計画となる総合5か年計画「ゆとり・豊かさ・ヒューマンシティまつど55」に引き継がれてきました。この間、本市は首都圏の住宅都市として飛躍的に発展をとげ、現在では、約46万人の市民が生活する都市となりました。
 この長期構想は、高度経済成長による著しい人口増加を背景として、急激な都市化に対応し、市全体が調和のとれた発展をめざすことを最大の課題として策定されたもので、本市の行政推進の基本的指針として大きな役割を果たし、数多くの施策を実施し、現在に至っています。
 今回新たに策定した総合計画(基本構想・基本計画・実施計画)は、これまでの成果を受け継ぎ、少子・高齢化などの今日的な課題に的確に対応し、21世紀の本市においてより豊かな市民生活を実現するための市民本位の計画です。
 そこで、市民ニーズの変化への対応、都市の活力の維持と魅力づくりを基調として、今後の本市のあるべき姿を「基本構想」として掲げ、これを達成するための施策の方向を「基本計画」として策定しました。また、「基本計画」の施策展開の方向を受けて「実施計画」をまとめ、計画的に事業を展開します。

計画の構成と期間

 総合計画は、「基本構想」「基本計画」「実施計画」により構成します。

「基本構想」は、将来の本市の発展方向を展望し、21世紀の新たな時代に向けて行政が推進すべき基本的方向を明記しています。
 期間:平成10年度(1998年)から平成32年度(2020年)までの23年間
 (地方自治法第2条第4項に基づき、平成9年12月16日に議決)
「基本計画」は、基本構想の実現のために必要な施策の方向を体系的に整理しています。
 期間:平成10年度(1998年)から平成22年度(2010年)までの13年間を「前期基本計画」、平成23年度(2011年)から平成32年度(2020年)までの10年間を「後期基本計画」とします。
 「実施計画」は、基本計画に掲げられた施策を個別事業にまとめ、財政的な裏付けをもたせた短期的な事業計画です。5か年ごとに策定し、中間年次に適宜見直します。
 期間:平成10年度(1998年)から平成14年度(2002年)までの5年間を「第1次実施計画」、平成15年度(2003年)から平成19年度(2007年)までの5年間を「第2次実施計画」、平成20年度(2008年)から平成22年度(2010年)までの3年間を「第3次実施計画」 とします。本計画は3か年のものですので、事業内容を毎年見直します。

総合計画策定後の経過

第1次実施計画

第1次実施計画の見直し(平成13年4月)

第2次実施計画

第2次実施計画を策定(平成15年5月30日)

第3次実施計画

第3次実施計画(案)のパブリックコメント手続実施結果について(平成20年1月)

第3次実施計画を策定(平成20年4月)

関連情報

松戸市基本構想

前期基本計画

第1次実施計画

第2次実施計画

第3次実施計画

お問い合わせ

総合政策部 政策推進課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館5階
電話番号:047-366-7072 FAX:047-366-1204

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

松戸市総合計画

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る