このページの先頭です
このページの本文へ移動

バーベキューにおける食中毒・火傷に注意!

更新日:2015年8月3日

普段調理をしない方は特に注意をしましょう!

  • 夏季休暇などの晴れた休日に、屋外でのバーベキューを楽しみたいと多くの方が考えていますが、例年この時期は、食中毒が多く発生する時期でもあります。
  • 消費者庁では、全国の消費者を対象にバーベキューに関する意識・行動のアンケート調査を実施しました。調査の結果から不適切と思われる点をピックアップし、バーベキューをする際に注意すべきこととして取りまとめました。
  • バーベキューにおける危害要因をよく理解し、家族や友人、知人と、安全なバーベキューを楽しみましょう。

バーベキューをする際に注意すべきこと

衛生管理に気をつけて、楽しいバーベキューにしましょう!

  • 調理の直前まで食材は冷やして保管しましょう。
  • トング、箸は用途によって使い分けましょう。
  • お肉は中心部までよく焼きましょう。
  • 「おにぎり」は、ラップやビニール手袋で握りましょう。
  • 普段調理をしない方は特に注意をしましょう。

火の取扱いにも注意しましょう!

  • 一度火を付けたら着火剤の継ぎ足しは絶対しない。
  • カセットコンロはボンベが過熱されると危険です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。消費者庁リンク(別ウインドで開きます)

お問い合わせ

経済振興部 消費生活課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7329 FAX:047-365-9606

本文ここまで