このページの先頭です
このページの本文へ移動

森林の伐採には事前の届出が必要です

更新日:2018年2月8日

地域森林計画の対象となっている民有林で伐採又は開発行為をする場合は、伐採届出(森林法第10条の8)が必要です。
また、伐採後には状況報告書の提出が必要です。(平成29年4月1日に施行された「森林法等の一部を改正する法律」第1条第2項)

届出の対象となる森林

届出が必要な区域は、地域森林計画の対象民有林の森林です。
対象森林は、農政課で確認できます。

届出の対象者

1.森林を所有している方が自ら伐採する場合は、森林所有者が届出者となります。
2.立木を買い受けて伐採する場合は、買受人が届出者となります。
3.請負により伐採する場合は、伐採を依頼した森林所有者又は立木買受人が届出人となります。

届出の期間

伐採をしようとする日の30日前までに伐採届出書を提出しなければなりません。
なお、受付は90日前からとなります。

届出の方法

届出用紙は農政課にあります。(伐採及び伐採後の造林の届出書様式)
記載する内容は、森林の所在場所、面積、伐採期間、伐採の方法等です。
添付書類として、位置図、求積図、公図(写し)が必要です。
※伐採期間が1年を超えるときは、伐採に関する年次別計画の添付が必要になります。

報告の期間

届出による造林が終わった日から30日以内に提出しなければなりません。造林の方法が天然更新による場合は、市町村森林整備計画に定められた天然更新の期間を経過した段階で判断します。
また、伐採跡地を森林以外の用途に供する場合には、当該伐採の終わった日から30日以内に提出する必要があります。

届出の方法

届出用紙は農政課にあります。伐採届受理時に、お渡しいたします。

※詳しくは千葉県ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。千葉県ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

経済振興部 農政課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル4階
電話番号:047-366-7328 FAX:047-366-1165

本文ここまで

サブナビゲーションここから

農業

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで