このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
感動体験博物館 松戸市立博物館
  • HOME
  • 利用案内
  • 展示案内
  • 催し物
  • 館内施設
  • 音声読み上げ・文字拡大
サイトメニューここまで

本文ここから

松戸市立博物館

博物館からのお知らせ

企画展「石斧(いしおの)と人-3万年のあゆみ-」

  • 期間:9月17日(土曜)から11月23日(水曜・祝日)
  • 会場:企画展示室  
  • 内容:人と石斧との関わりは、旧石器時代から現代まで、約3万年続いています。今回の展示では、日本で一番大きい石斧や、石斧の変遷・文化事象についてご紹介します。
  • 会場:企画展示室
  • 対象:一般
  • 観覧料:有料

磨製石斧の写真
磨製石斧

企画展「石斧と人 3万年のあゆみ」展のチラシを、PDFファイルでダウンロードできます。



第1回松戸市立博物館アワード実施要項

第1回松戸市立博物館アワード実施要項

趣旨

博学連携の一環として、博物館の機能並びに環境を生かしたコンクールを開催することにより、児童生徒の博物館に対する理解を深めるとともに、博物館の積極的な活用を推進する機会とする。

主催

松戸市立博物館

募集概要

募集内容
社会科歴史に関する自由研究部門
歴史に関するイラスト部門
募集期間
平成28年7月から9月16日(金曜日)

審査員

  • 社会科教育関係者
  • 造形教育関係者
  • 博物館代表

表彰

(1)社会科歴史に関する自由研究部門の各部ごとに1点を選び、優秀賞として賞状並びに副賞を授与
(2)歴史に関するイラスト部門の各部ごとに1点を選び、優秀賞として賞状並びに副賞を授与
(3)各部の部門の若干名に佳作として賞状を授与

展示会場、期間

松戸市立博物館
展示期間:平成28年12月6日(火曜)から18日(日曜)

各部門募集要項(下記の別紙を参照)



北条氏康書状  永禄7年(1564年)1月4日

ミニ展示「西原文書の世界」*常設展示観覧券が必要です

期間:4月29日(金曜・祝日)より公開。9時30分から17時(入館は16時30分まで)
内容:北条・里見両軍が激突した国府台合戦の史料など、戦国時代の貴重な古文書を展示します。
会場:常設展示室内
観覧料:常設展観覧券が必要です(一般300円、高校・大学生150円、小・中学生無料)



ミニ写真展「駅前の風景 流鉄・東武編」

ミニ写真展 Vol.5「駅前の風景(流鉄・東武編)」※常設展示観覧券が必要です

日時:平成28年7月1日(金曜)から9月30日(金曜)
内容:昭和30年から60年(1955から1985)頃に撮影された松戸市内の流鉄各駅・東武線六実駅前の写真を展示します。
会場:常設展示室内、主題展示室前(常設展観覧券が必要です)

ミニ写真展 Vol.6「街角編(1)」※常設展示観覧券が必要です

期間:10月1日(土曜)から12月27日(火曜)
内容:昭和30年から60年(1955から1985)頃に松戸市内で撮影された、街角の風景を展示します。
会場:常設展示室内、主題展示室前
観覧料:常設展観覧券が必要です(一般300円、高校・大学生150円、小・中学生無料)


館蔵資料展「くらしのなかの着物」(7月16日から9月4日)(終了しました)

 現在の私たちは、普段、洋服で生活し、着物を着ることはほとんどありません。着物を着ることは、七五三や成人式、結婚式などの人生の節目や正月、花火見物などの特別な機会に限られているようです。本資料展では、くらしのなかで身近な存在であった着物の姿を表したいと企画しました。このような着物の姿を表すために、普段着、晴れ着などの様々な用途や季節に合わせた着物を展示するとともに、洗い張りなどのきものにまつわるくらしを展示します。

会期:平成28年7月16日(土曜)から9月4日(日曜)
時間:9時30分から17時(入館は16時30分まで)
休館日:毎週月曜日(ただし、7月18日は開館し、翌日19日(火曜)休館)
会場:松戸市立博物館 企画展示室
観覧料:無料


新発売 ミュージアムグッズ「ジクソーパズル」

新たなミュージアムグッズとして、貴重な館蔵資料をもとに6種類の「ジクソーパズル」をつくりました。
ミュージアムショップコーナーで販売中です。

  • 把手付水瓶(はしゅつきすいびょう)パキスタン(1から2世紀)900円
  • 破風形浮彫(はふがたうきぼり)パキスタン(3から4世紀)900円
  • 菩薩半跏像(ぼさつはんかぞう)パキスタン(1から4世紀)900円
  • 歌川国芳「天日坊」(うたがわくによし「てんにちぼう」)900円
  • 歌川広重「冨士三十六景 下総小金原」(うたがわひろしげ「ふじさんじゅうろっけい しもうさこがねはら」)900円
  • 「伸び行く松戸」(のびゆくまつど) 松戸町役場 昭和11(1936)年12月5日 1,200円

ジグソーパズル画像

ジグソーパズルの郵送による購入を承ります。くわしくはこちらまで。


常設展示室の下記の2件の資料が平成27年9月25日に松戸市指定文化財(有形文化財)に指定されました。

松戸市の南部(紙敷)に位置する坂花遺跡で発見された「国厨」銘をもつ骨蔵器です。「国厨」の銘があることから、その被葬者は下総国府(現在の市川市に所在)と関係する人物であったと考えられます。


坂花遺跡で発見された骨蔵器の「国厨」銘

帯金具が全てそろって出土した全国的にも大変めずらしい例です。『養老令』衣服令朝服条に定める6位以下の役人が、儀式などの時に身に付けていた腰帯に付けられたものです。写真の他にも金具が4点発見されており、計16点の帯金具が市の文化財に指定されました。


「松戸市史」上巻(改訂版)が刊行されました

松戸市立博物館受付にて販売中 郵送ご希望の方は、左手の「ミュージアムショップ」をご覧下さい。

「松戸市史」上巻(改訂版)刊行のポスター


観覧料無料日のお知らせ 

4月29日(金曜・祝日) 開館記念日
5月18日(水曜 「国際博物館の日」
6月15日(水曜) 「県民の日」
11月3日(木曜・祝日) 文化の日


中学生以下、無料化!

平成23年4月1日から小・中学生の観覧料が無料になりました!
中学生以下は無料ですので、ぜひともご来館ください。


常設展示室に「こどもワークシート」をつくりました!

  • 展示をもっと楽しもう!こどもクイズ

「こどもクイズ 縄文時代編」

  • 縄文時代の森やムラの模型、さまざま道具をじっくり見て、当時の生活・文化に触れてみましょう。

「こどもクイズ 近現代編」

  • 展示室に再現された常盤平団地を探検し、現代の生活道具との違いを観察してみましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

生涯学習部 博物館
千葉県松戸市千駄堀671番地
電話番号:047-384-8181 FAX:047-384-8194

専用フォームからメールを送る

お気に入り

編集

本文ここまで

以下フッターです。
〒270-2252 千葉県松戸市千駄堀671番地
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る