このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市立博物館
感動体験博物館
  • HOME
  • 利用案内
  • 展示案内
  • 催し物
  • 館内施設
  • 音声読み上げ・文字拡大
サイトメニューここまで

本文ここから

こどもはくぶつかん

こども体験教室 親も楽しむ 土鈴(どれい)づくり と 勾玉(まがたま)づくり

こども体験教室 親も楽しむ 土鈴づくり

7月28日(土曜) (1)午前10時から11時 (2)午後1時30分から2時30分
対象 小学生とその保護者の方(材料は児童1名につき1個)  ※児童だけの参加もできます。
定員 各回で10名(抽選)
費用 200円(材料費)
作品の持ち帰り 焼いてから後日引き取り
申し込み 往復はがきに、希望時間((1)か(2))を書いて、郵便番号270-2252 松戸市千駄堀671 松戸市立博物館「7月28日土鈴」係へ。7月20日(金曜)必着

こども体験教室 親も楽しむ 勾玉づくり
8月4日(土曜) (1)午前10時から11時 (2)午後1時30分から2時30分 
対象 小学生とその保護者の方(材料は児童1名につき1個)  ※児童だけの参加もできます。
定員 各回とも児童15名
費用 無料
持ち帰り 当日に持ち帰れます。
持ち物 写真を撮りたい方は、カメラなどをご持参ください。
申し込み 往復はがきに、希望時間((1)か(2))を書いて、郵便番号270-2252 松戸市千駄堀671 松戸市立博物館「8月4日勾玉」係へ。7月24日(火曜)必着。


速報! 親も楽しむ 米づくりと展示づくり

 あっさり梅雨明けした6月30日(土曜)、暑さにめげず、田の草取りに全員が参加しました。藻や雑草をひたすら取り除く地味な作業ですが、これなくしてお米は実りません。
 今日も子どもたちは、農薬も肥料も一切使わず、ていねいに稲を育てています。夏を過ぎれば収穫ですが、その前に かかし づくりです。

※こども体験教室「親も楽しむ 米づくり展示づくり ―小学生学芸員になろう―」では、毎年4月から翌年1月まで、10か月間に10回もの体験と学習を繰り返します。丹精込めたお米をおいしくいただいた秋の午後、こどもたちは展示パネルづくりへ、保護者の皆さんは来年度にむけての田んぼ整備へ。そしてこどもたちは1月、学習資料展「昔のくらし探検」の本物の展示室で、成果を発表するのです。小学4年生から6年生まで参加できます。


とうほく・でんとう・こけしオールスターズ総選挙の結果発表


ぬりえ&しおり

こけしのぬりえ

2017年収蔵品展「木の造形 東北の伝統こけし」のぬりえです。下のリンクからダウンロードしてご自宅のプリンターで印刷してください。
色を塗ったものを点線に沿って切り取り、平成29年6月11日(日曜)までに松戸市立博物館にお持ちいただければ、ラミネート加工のしおりにできます。
(ダウンロードは終了しました)


郷土玩具をつくろう 

こども体験教室「郷土玩具をつくろう」で使ったマニュアルです。誰でも失敗することなく作ることができますので、一度試してみてください。

関連ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生涯学習部 博物館
千葉県松戸市千駄堀671番地
電話番号:047-384-8181 FAX:047-384-8194

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒270-2252 千葉県松戸市千駄堀671番地
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る