このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市立博物館
感動体験博物館
機織りの画像
  • HOME
  • 利用案内
  • 展示案内
  • 催し物
  • 館内施設
  • 音声読み上げ・文字拡大
サイトメニューここまで

本文ここから

博物館で開催中の催し物

*年間の催し物については、「年間行事案内」(左の表示をクリック)をご覧ください。

催し物(講座・講演会・体験教室)の申込先

郵便番号:270-2252
住所:千葉県松戸市千駄堀671番地
電話番号:047-384-8181
FAX番号:047-384-8194


12月から1月の講座・講演

館長講演会「新しい世界遺産 神宿る沖ノ島」

日時:12月3日(日曜) 13時から15時
会場:講堂
講師:望月幹夫(当館館長)
対象:一般
定員:80名(抽選)
費用:無料
申込:11月16日(木曜)【必着】までに、往復ハガキ(1人1枚)に住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記して、「12月3日館長講演会」係へ。

古文書を読む〔近世入門編〕(全5回)

日時:平成30年1月6日(土曜)・20日(土曜)・2月3日(土曜)・17日(土曜)・3月3日(土曜) 各日10時30分から12時
内容:松戸に関わる江戸時代の古文書の基礎を学びます。初心者対象。 
会場:実習室
講師:富澤達三(当館学芸員)
対象:一般(初心者)
定員:30名(抽選、初めての受講者優先)
費用:無料
申込:12月14日(木曜)までに、往復ハガキ(1人1枚)に、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記して、「古文書を読む(入門編)」係へ。

戦国末期の史料を読む -西原文書の世界-(全6回)

日時:平成30年1月12日(金曜)・26日(金曜)・2月9日(金曜)・23日(金曜)・3月9日(金曜)・23日(金曜) 各日16時30分から20時30分
内容:新収蔵の貴重な古文書を読み、当時の歴史を体感します。 
会場:女性センター「ゆうまつど」
講師:中山文人(当館学芸員)
対象:一般
定員:30名(抽選)
費用:無料
申込:12月19日(火曜)までに、往復ハガキ(1人1枚)に、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記して、「戦国末期の史料を読む」係へ。


10月から11月の講座・講演

企画展記念講演会「本土寺の歴史と寺宝」〔企画展関連企画〕(※終了しました)

日時:10月7日(土曜) 13時から15時
内容:あじさいや紅葉だけじゃない!気鋭の研究者が、本土寺のすべてを語ります。
会場:講堂
講師:都守基一氏(常円寺日蓮仏教研究所主任研究員)
対象:一般
定員:80人(抽選)
費用:無料 
申込:往復ハガキ(1人1枚)に住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記して、「10月7日企画展記念講演会」係へ。9月28日(木曜)【必着】〆切

学芸員講演会(4)「本土寺と戦国の社会」(当館友の会共催)〔企画展関連企画〕(終了しました)

日時:10月22日(日曜) 13時から15時
会場:講堂
講師:中山文人(企画展担当学芸員)
対象:一般
定員:80名
費用:無料
申込:不要(当日先着順)

歴史を語る(3)「戦国社会の実像」〔企画展関連企画〕

日時:11月11日(土曜) 13時から15時
会場:講堂
講師:長塚孝氏(馬の博物館学芸部長) 
対象:一般
定員:80人(抽選)
費用:無料
申込:往復ハガキ(1人1枚)に住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記して、「11月11日歴史を語る(3)」係へ。10月26日(木曜)【必着】〆切。

松戸の歴史をさぐる-近現代編2-〔全3回〕

日時:11月18日・12月2日・12月16日(いずれも土曜日) 13時から15時
会場:実習室
講師:柏木一朗(当館学芸員)
対象:一般
定員:30名(抽選)
費用:無料
申込:往復ハガキ(1人1枚)に住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記して、「11月18日 松戸の歴史をさぐる」係へ。11月7日(火曜)【必着】

8月から9月の講座・講演

古文書を読む(近世中級編1)【全5回】

日時:9月9日(土曜)・9月23日(土曜)・10月7日(土曜)・10月21日(土曜)・11月4日(土曜) 各日10時から12時
内容:松戸に関わる江戸時代の古文書を解読し、その歴史的背景を解説。
会場:実習室
講師:和泉清司氏(高崎経済大学名誉教授)
対象:一般(経験者)
定員:30名(抽選)
費用:無料
申込:8月17日(木曜)【必着】までに、往復ハガキ(1人1枚)に、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記して、「古文書を読む(中級編1)」係へ。

「縄文土器に挑戦by drawing作品展」(終了しました)

〔中学生の部〕8月2日(水曜)から20日(日曜)
〔高校生の部〕8月23日(水曜)から9月10日(日曜)
各9時30分から17時(入館は16時30分まで)
内容:市内の中学生・高校生が縄文土器の観察を通して、味わった感動を自分なりの感性、個性で絵に表現しました。その作品を展示します。
会場:企画展示室入口ロビー
観覧無料

学芸員講演会(3)「松戸の古墳をとらえなおす」(終了しました)

日時:9月3日(日曜)13時から15時
講師:小林孝秀(当館学芸員)
無料、会場:当館講堂

「松戸駅前博物館 近代日本の実録―天皇を記録化する―」(終了しました)

講演1 10時~11時「近代日本の実録―天皇を記録化する―」講師:岩壁義光氏(法政大学大学院兼任講師・元宮内庁書陵部編修課長)
講演2 11時~11時30分「天皇陛下と松戸」講師:柏木一朗(当館学芸員)
無料、会場:市民劇場


本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒270-2252 千葉県松戸市千駄堀671番地
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る