このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

森谷延雄(もりや・のぶお) 1893年から1927年 デザイナー

 1893(明治26)年10月、千葉県佐倉市に生まれる。
 1912(明治45)年、東京高等工業学校工業図案科入学。
 1913(大正2)年、第1農展出品、褒状を受け農商務省買い上げ。
 以後、農展ほか各種展覧会で在学中から受賞を重ねる。
 1915(大正4)年、東京高等工業学校工業図案科卒業。清水組設計部入社。
 誠之堂(16年)、晩香廬(17年)等のインテリアを設計。
 1920(大正9)から22(同11)年、文部省在外研究生(木材工芸)として欧米(主に英国)に留学。家具、室内装飾の研究を行なう。
 1922(大正11)年、東京高等工芸学校創設に伴い、講師。翌年教授。
 1923(大正12)年、第3回発明品博覧会で正門と音楽堂を設計。
 「新しい家具の展覧会 附標準家具装飾メッセ(見本取引市場)」を提唱、実施(木材工芸学会主催)。
 1926(大正15)年、「皇孫御生誕記念こども博覧会」の正門・沿道装飾を行なう。
 1927(昭和2)年、デザイナーと工人の共同作業による、低廉で美しい家具の製作を目指して「木のめ舎」を主宰。
 4月、木のめ舎家具作品展開催を前に没(享年33)。

 《側書架》 1927年
 41.7×40.8×高さ61.2センチメートル 木

 《ベンチ》 1924年
 47.8×93.5×高さ36.0センチメートル 木、金属

 《角型花台》 1925年
 42.8×43.2×高さ59.7センチメートル 木

 《円形花台》 1925年
 直径31.1×高さ75.0センチメートル 木

 《書架》 1924年
 35.6×84.5×高さ120.5センチメートル 木

《朱の食堂卓子》(復原) 1925年(2008年復原)
 108.9×108.9×高さ71.0センチメートル 塗装した楢、布

《朱の食堂茶卓子》(復原) 1925年(2008年復原)
 49.5×49.5×高さ71.0センチメートル 塗装した楢、布

《朱の食堂肘掛椅子》(復原) 1925年(2008年復原)
 67.0×61.0×高さ91.0センチメートル 塗装した楢、布

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表)
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る