このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

矢切の渡し・野菊の墓文学碑

更新日:2020年6月10日

矢切の渡し・野菊の墓文学碑のロゴ

 江戸時代の初期に、江戸川の両側に田を持つ農民が、関所を通らずに江戸と往来したことから、この「矢切の渡し」が始まりました。

 江戸川唯一の渡しであり、伊藤左千夫の小説「野菊の墓」で政夫と民子の悲しい恋の舞台にもなりました。また、ヒットをした同名の歌謡曲の舞台でもあります。

 江戸川の水が春とともに暖かさを増す時期になると、船頭さんの手漕ぎの舟が、およそ150メートルの江戸川を毎日往復してくれます。矢切と対岸の柴又を結ぶ情緒たっぷりの木製の渡し舟は、訪れる人々の気持ちをのどかにさせてくれます。川面を渡る手漕ぎの舟や、ヒバリ、ユリカモメの声などは、この度柴又帝釈天とペアで”残したい日本の音風景100選”に選ばれました。

 この渡し場から歩いて20分程のところに西蓮寺があります。ここには、伊藤左千夫の小説「野菊の墓」の一節を刻んだ文学碑があります。また、隣接している野菊苑展望台からの見晴らしは素晴らしく、矢切耕地、江戸川の流れ、遠方には東京の街並みが見渡せます。

日本の音風景100選に認定された記念として設置された碑

“日本の音風景100選”に認定された記念として設置された顕彰碑は、体験型で触って楽しめる。
下矢切 江戸川 川の一里塚で体験を(矢切の渡しより200メートル上流)

運航日

  • 3月中旬から11月:毎日
  • 12月から3月上旬:土曜・日曜・祝日のみ
  • ※1月1日から7日、帝釈天縁日は運航
  • ※荒天の場合は運休(その他不定休あり。要電話確認)

運航時間

10時から16時

料金

中学生以上:200円、小人(4歳から小学生):100円

アクセス

  • 電車、バス:JR松戸駅西口から市川行きバスで「下矢切」下車、あるいは北総鉄道の矢切駅より、江戸川土手に向かい、西蓮寺の野菊の墓文学碑まで徒歩10分。そこから徒歩20分で矢切の渡し。
    ※土曜・日曜、祝日の一部時間帯では、松戸駅西口から「矢切の渡し」行き路線バスが運行されています。
  • マイカー:渡し場の矢切苑近くに無料駐車場(15台位)有り。

地図

お問い合わせ先

  • 船頭(杉浦) 電話:047-363-9357

参考リンク

音環境(1) 残したい“日本の音風景100選”顕彰碑を設置(矢切の渡し)

杉浦正雄氏(市民栄誉賞)

お問い合わせ

経済振興部 文化観光国際課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表)
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る