このページの先頭です
このページの本文へ移動

学生の就活の不安につけ込むセミナーや儲け話等の勧誘に注意!

更新日:2020年7月21日

概要

就職活動(以下、就活という)中の学生(以下、就活生という)の不安につけ込み、就活生に就活セミナーや就活塾、就活対策になるとうたうビジネス教材などの儲け話を勧誘し、契約させるトラブルが近年増加しています(図)。


 就活セミナーや就活塾に関しては「アンケートがきっかけで誘われた無料セミナーで勧誘された」等の不意打ち的な勧誘や、「自己流の対策では就活に落ちる」「今決められなければそれまでの人間だ」等と不安をあおるような勧誘のほか、「セミナーを受けたが、役に立たない内容だった」というケースがみられます。また、「今の世の中、就職をしても収入は安定しない」「金融の知識を就活に活かせる」等といって、ビジネス教材などの勧誘を行うケースもみられます。


図:PIO-NET(注釈1)における「就活をきっかけにした学生(注釈2)の契約(注釈3)」に関する相談件数の推移(注釈4)

2015年度の相談件数は122件、2016年度の相談件数は137件、2017年度の相談件数は134件、2018年度の相談件数は156件、2019年度の相談件数は192件です。

  • (注釈1)PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)とは、国民生活センターと全国の消費生活センター等をオンラインネットワークで結び、消費生活に関する相談情報を蓄積しているデータベースのこと。2020年6月30日までのPIO-NET登録分。消費生活センター等からの経由相談は含まれていない。
  • (注釈2)本資料における学生とは、大学生、大学院生、専門学校生等であり、高校生以下の学生は含んでいない。
  • (注釈3)本資料における就活をきっかけにした学生の契約とは、学生が就活をきっかけに契約したもののうち、就活対策の教室・講座、投資用USBメモリー等の学習教材、投資セミナーやコンサルティング契約等が主な契約のものを指す。
  • (注釈4)2020年度の相談件数は13件である。

相談事例

路上アンケートがきっかけで誘われた無料セミナーで就活塾の契約を迫られた

就活相談会の帰り、就活生の意識調査のアンケートを求められ、氏名や携帯番号を教えた。その後、電話で無料の就活セミナーを受けに来ないかと何度か誘われ、セミナー会場である営業所に出向き、就活セミナーを受講した。帰りがけに次のセミナーの勧誘を受けたので、見学のつもりで承諾した。次のセミナーの見学後、就活塾の契約を勧められたが、入会金約2万円の他、受講料が月額約2万円かかることがわかった。「親に相談したい、一度帰って考えたい」と断ったが、「親に相談しないと決められないのは自立が足りない」「今ここで決められないのは社会人としてやっていけない」「アルバイト代で賄え」などと恫喝された。断っても執拗に勧誘されて3時間が経過し、契約しないと帰れないと思い、口頭で申し込むと言って帰ることができた。しかしやっぱり解約したい。(2018年8月受付 20歳代 男性)

その他、以下のような相談も寄せられています。

  • 就活の不安をあおられ就活セミナーを契約したが、役に立つ内容ではなかった
  • インターネットで就活塾に申し込み、セミナーを受講したが、解約したい
  • SNSの就活支援アカウントで知り合った大学OBにビジネス教材を勧められた
  • バイト先の先輩に就活の相談をしたら、就活対策として投資セミナーを勧誘された

相談事例からみる問題点

  1. 就活のアンケートと称して取得した個人情報を使って、就活生を呼び出す
  2. 就活生の不安をあおったり、不安につけ込んで契約させる
  3. 就活に役立つサービスが受けられなかったり、人を紹介するように言われたりする
  4. 就活相談をした先輩や就活で知り合った人に、投資セミナーやビジネス教材を勧められる

アドバイス

  • アンケートを求められても安易に個人情報を伝えず、利用目的を確認しましょう
  • 必要がないと思う契約には、先輩や知人から勧誘されても、ハッキリと断りましょう
  • 安易にクレジットカードでの高額決済や借金をしないようにしましょう
  • 契約してしまっても、クーリング・オフや契約の取り消し等ができる場合があります
  • 不安に思った場合やトラブルになった場合は消費生活センター等に相談しましょう

*消費者ホットライン:「188(いやや!)」番
最寄りの市町村や都道府県の消費生活センター等をご案内する全国共通の3桁の電話番号です。

参考リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国民生活センター(外部)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

経済振興部 消費生活課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7329 FAX:047-365-9606

本文ここまで

サブナビゲーションここから

若者向け消費者教育

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで