このページの先頭です
このページの本文へ移動

国民健康保険料の軽減

更新日:2021年5月24日

国民健康保険料の軽減(均等割額・平等割額)

令和3年度の国民健康保険料について、世帯主及び国民健康保険加入者(以下、国保加入者という。)の令和2年分の総所得金額等の合計が一定の基準額以下の世帯について、均等割額及び平等割額が軽減されます。
※令和3年4月1日現在で判定します(以後の新規加入世帯は適用開始年月日で判定します)。
※世帯主の所得が確定しないと軽減の対象とはなりませんので、所得がない場合でも住民税の申告をしてください。
※国民健康保険料の計算方法は、下記のリンクをご覧ください。

国民健康保険料の計算方法

軽減割合と基準

均等割額・
平等割額の 軽減割合


令和3年度の軽減基準

7割軽減 世帯主及び国保加入者の令和2年分の総所得金額等の合計が43万円+10万円×(給与所得者等の数(注釈1)-1)(注釈2) 以下
5割軽減 世帯主及び国保加入者の令和2年分の総所得金額等の合計が43万円+(28万5千円×国保加入者数)+10万円×(給与所得者等の数(注釈1)-1)(注釈2) 以下
2割軽減 世帯主及び国保加入者の令和2年分の総所得金額等の合計が43万円+(52万円×国保加入者数)+10万円×(給与所得者等の数(注釈1)-1)(注釈2) 以下

(注釈1)一定の給与所得者(給与所得が55万円を超える方)と公的年金所得者(公的年金等の収入が60万円を超える65歳未満の方、または公的年金等の収入が110万円を超える65歳以上の方)を言います。
(注釈2)(給与所得者等の数-1)が0未満になる方は0とします。

非自発的失業者の国民健康保険料の軽減措置

非自発的失業者(倒産や事業主都合による解雇等で離職した方)の国民健康保険料については、国民健康保険課の窓口で、軽減または減免の申請を受け付けております。

対象者

雇用保険の特定受給資格者(65歳未満)

倒産や事業主都合による解雇等で離職した方(離職理由コードが11、12、21、22、31、32)

雇用保険の特定理由離職者(65歳未満)

正当な理由のある自己都合等で離職した方(離職理由コードが23、33、34)

その他

上記の2つの対象者に準ずる離職者で、失業等給付の受給資格のない方については、軽減と同内容の減免の申請を受け付けております。詳細はお問い合わせください。
※雇用保険法適用外である公務員など、雇用保険と同等の給付が行われる場合であっても、雇用保険受給資格者証が交付されない職種は対象外です。

軽減措置の内容

  • 前年の給与所得を100分の30として算定(給与所得以外の所得は軽減の対象となりません)
  • 適用期間は、離職日の翌日が属する年度から、翌年度末まで(最長2年間)

必要なもの

  • 雇用保険受給資格者証(公共職業安定所から交付されたもの)
  • 国民健康保険証

雇用保険受給資格者証の見本

受付窓口

松戸市役所本館1階 国民健康保険課(各支所では受け付けていません)

関連リンク

国民健康保険料納入通知書

国民健康保険料の計算方法

国民健康保険料の減免

お問い合わせ

福祉長寿部 国民健康保険課

千葉県松戸市根本387番地の5 本館1階
電話番号:047-712-0141(国民健康保険課専用コールセンター) FAX:047-361-7016

本文ここまで