このページの先頭です
このページの本文へ移動

ハザード情報の入手方法について

更新日:2020年9月4日

宅地建物取引業法施行規則の一部改正に伴うハザード情報の入手方法について

令和2年8月28日から,宅地建物取引業法施行規則の一部改正が施行され、宅地又は建物の取引に際して、宅地建物取引業者が、重要事項説明として説明しなければならない事項に、「水防法施行規則により当該宅地又は建物が存する市町村が提供する図面に当該宅地又は建物の位置が表示されているときは、当該図面における当該宅地又は建物の所在地」が追加されました。当該事項の説明に当たって,ハザード情報の入手方法について案内させていただきます。

ハザード情報の入手方法

建物が浸水想定区域内に所在しているかどうかは,松戸市やさシティマップ(地図情報提供システム)で確認できます。
当該システムでは,洪水ハザードマップや内水ハザードマップの確認や住所検索機能、印刷機能など,情報提供に適した機能です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。やさシティマップ(地図情報提供サービス)

最新の浸水想定区域図の確認方法

本市の現在の洪水ハザードマップは、平成27年改正以前の水防法に基づいたハザードマップ(注釈1)であり、今後現行法に基づいたハザードマップ(注釈2)の作成を予定しています。なお、現行法に対応した浸水想定区域図は、各河川管理者(国及び千葉県)が公表しており、以下リンクより確認できます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。洪水浸水想定区域図(国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。洪水浸水想定区域(県土整備部河川環境課防災対策室)

(注釈1)「降雨条件が、概ね50年から200年(河川ごとに異なる)に1回程度起こる大雨」を想定した浸水想定区域を基に作成したハザードマップ
(注釈2)「降雨条件が、概ね1000年に1回程度起こる大雨」を想定した浸水想定区域を基に作成を予定しているハザードマップ

高潮浸水想定区域図(浸水深)について

高潮浸水想定区域図(浸水深)については千葉県ホームページより公表しております。
以下リンクよりご確認できます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。高潮浸水想定区域図(県土整備部河川環境課防災対策室)

お問い合わせ

総務部 危機管理課

千葉県松戸市根本387番地の5 別館1階
電話番号:047-366-7309 FAX:047-368-0202

本文ここまで