このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

Go!Go!本郷谷

 「Go!Go!本郷谷」の記事は、広報まつどの毎月1日号に掲載しています。

092 明けましておめでとうございます

 本年が市民の皆さまにとって、健やかで穏やかな1年となりますようお祈り申し上げます。

 昨年、松戸市では待望の「東京外かく環状道路松戸インターチェンジ」が開通し、都心へのアクセスなど利便性が向上しました。総合医療センターは、開院して1年を迎え、小児・周産期医療、がん医療や救急医療などの高度急性期医療の充実により、市民の期待に応えられる病院になってきました。子育て支援では、3年連続で国基準による待機児童ゼロを達成し、「共働き子育てしやすい街ランキング」では引き続き高い評価を受けました。この他、音楽では第四中学校が日本管楽合奏コンテストで最優秀グランプリ賞・文部科学大臣賞を受賞し、スポーツではウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)で羽賀(はが)理之(まさゆき)さんが、レスリングでは須崎(すさき)優衣(ゆい)さんがそれぞれ世界選手権で金メダルを獲得するなど、若者たちが輝いた1年でもありました。また、市内在住の平田(ひらた)もとめさん(112歳)と湯本(ゆもと)金五(きんご)さん(108歳)が男女共に県内最高齢者となり、松戸観光特命大使の北翔(ほくしょう)海莉(かいり)さんが俳優の藤山(ふじやま)扇治郎(せんじろう)さんとご結婚されるなど、明るい話題もありました。

 今年もさまざまな取り組みを進め、松戸市を、市民の皆さまにとってより住みやすく誇りを持てる街にしたいと思っています。

 中学生や高校生の支援では、放課後や長期休業中に、家庭や学校以外で勉強や交流・体験をすることができる、安全で安心な居場所づくりに力を入れていきたいと思います。

 開催まで1年半となった東京オリンピック・パラリンピックで、松戸市はルーマニアとドミニカ共和国をおもてなしする「ホストタウン」として登録されています。ルーマニアはフェンシング・レスリングでオリンピックのメダリストを輩出し、ドミニカ共和国は女子バレーボールの強豪国です。両国が松戸市で事前キャンプが実施できるよう、聖火リレーの誘致と共に市を挙げて応援できる体制をつくっていきたいと思います。

 春には伊勢丹松戸店が入居していたビルに「キテミテマツド」、秋には北部市場跡地に「(仮称)テラスモール松戸」と、2つの大型商業施設がオープンします。これを契機に松戸の街に新たな(にぎ)わいが生まれることを期待しています。

 松戸市のさらなる発展のため、これからも皆さまと一緒に頑張っていきたいと思いますので、本年もよろしくお願いします。

関連リンク

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る