このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

回廊マップ「日本の音風景100選」から「野菊のこみち」まで

更新日:2013年11月25日

6 日本の音風景100選

 耳を澄ましてそっとオブジェの穴に耳を近づけます。そうすると渡し舟の櫓の音や野鳥の鳴き声、風の音、そして対岸の帝釈天の梵鐘の響き。

 あなたはどんな音に出会えるかしら。

日本の音風景100選記念碑

7 川の一里塚

 江戸川は水と緑に恵まれた憩いの場。

「水辺の健康エコロード」は、散策や気軽な運動にピッタリ!ちょっと疲れたらここで一休みしてみてはいかが?

堤防の主水新田、古ヶ崎、樋野口、矢切の4か所にあります。

8 野間様墓所

 矢切村には、「のまさま」と呼ばれている旗本がいたそうです。野間重成は、1590年(天正18年)小田原の役、1614年(慶長19年)1615年(慶長20年)大阪夏冬の両陣で徳川家康軍に名を連ねています。1616年(元和2年)には、その功績によって今の下矢切・上矢切の三百石を与えられたと言われます。その野間重成の宝篋印塔(ほうきょういんとう)の墓石がこれです。

野間重成の宝篋印塔

9 野菊のこみち

 1906年(明治39年)「ホトトギス」の1月号に連載され、夏目漱石も感動したという、伊藤左千夫の小説「野菊の墓」。主人公の政夫は大好きだった民子が言っていた「野菊の生き返りよ」という言葉から、彼女の墓一面に野菊を植えたと言います。そんな物語を思い出しながら恋人と歩いて欲しい散歩道がここです。

ちなみに、野菊の花言葉は“清爽”。

野菊のこみち

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

街づくり部 都市計画課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館8階
電話番号:047-366-7372 FAX:047-366-1132

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表)
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る