このページの先頭です
このページの本文へ移動

過去のモニタリング結果

更新日:2020年12月15日

このページには、過去の松戸市内放射線量測定結果を掲載しています。
最新のデータは以下のリンクをご参照ください。

継続(事後)モニタリング

松戸市内放射線量測定結果について(平成30年度継続モニタリング)

 市では、地域的な偏りがないように市内129施設を選択し、空間放射線量を測定しました。その結果、平成30年度の市内の平均値は毎時0.047マイクロシーベルトでした。
 また、平成23年度からの同施設における空間放射線量の平均値の推移をみると、当初から数年間は放射性物質の半減期や除染の効果等により空間放射線量は減衰し、現在ではほぼ一定の値に落ち着きました。
 今後も市内の平均的な空間放射線量の推移を把握するため、測定を継続してまいります。

  • 測定期間:平成30年8月から9月
  • 測定対象:市内で地域的な偏りがないように129施設を選択
  • 測定高:地表面から50センチメートル(中学校及び高等学校は1メートル)の高さで測定
  • 測定機器:株式会社堀場製作所製 PA-1000 Radi
  • 測定結果:市内平均毎時0.047マイクロシーベルト
測定結果一覧(単位:毎時マイクロシーベルト)
施設分類 施設数 最小値 最大値 平均値
保育所、保育園 19 0.024 0.052 0.033
小学校 44 0.036 0.085 0.056
中学校・市立高校 21 0.030 0.073 0.057
公園(21世紀の森と広場含む) 45 0.008 0.111 0.039
合計 129 全体の平均 0.047

松戸市内放射線量測定結果について(平成29年度継続モニタリング)

 市では、前年度と同様に、地域的な偏りがないように129施設を選定し、空間放射線量を測定しました。その結果、平成29年度の市内の平均値は毎時0.052マイクロシーベルトで、除染の指標値である毎時0.23マイクロシーベルトと比較し4分の1以下の値となっています。
 また、平成23年度からの同施設における空間放射線量の平均値の推移をみると、当初から数年間は放射性物質の半減期や除染の効果等により空間放射線量は減衰し、現在ではほぼ一定の値に落ち着きました。
 今後も、時間の経過とともに放射能は減衰し、空間放射線量も徐々に低減していくものと考えられます。

  • 測定期間:平成29年8月から9月
  • 測定対象:市内で地域的な偏りがないように129施設を選択
  • 測定高:地表面から50センチメートル(中学校及び高等学校は1メートル)の高さで測定
  • 測定機器:株式会社堀場製作所製 PA-1000 Radi
  • 測定結果:市内平均毎時0.052マイクロシーベルト
測定結果一覧(単位:毎時マイクロシーベルト)

施設分類

施設数

最小値

最大値

平均値

保育所、保育園

19

0.018 0.058 0.038
小学校 44 0.043 0.096 0.062
中学校・市立高校 21 0.027 0.078 0.060

公園(21世紀の森と広場含む)

45 0.020 0.085 0.046
合計 129 全体の平均 0.052

※ 測定の高さは、地表面から50センチメートル(中学校及び市立高校は1メートル)

松戸市内放射線量測定結果について(平成28年度継続モニタリング)

 市では、前年度と同様に、地域的な偏りがないように129施設を選定し、空間放射線量を測定しました。その結果、平成28年度の市内の平均値は毎時0.055マイクロシーベルトで、除染の指標値である毎時0.23マイクロシーベルトと比較し4分の1以下の値となっています。
 また、平成23年度からの同施設における空間放射線量の平均値の推移をみると、放射性物質の半減期や除染の効果等により空間放射線量は低減を続けています。今後も、時間の経過とともに放射能は減衰し、空間放射線量も徐々に低減していくものと考えられます。

  • 測定期間:平成28年8月から9月
  • 測定対象:市内で地域的な偏りがないように129施設を選択
  • 測定高:地表面から50センチメートル(中学校及び高等学校は1メートル)の高さで測定
  • 測定機器:株式会社堀場製作所製 PA-1000 Radi
  • 測定結果:市内平均毎時0.055マイクロシーベルト
測定結果一覧(単位:毎時マイクロシーベルト)

施設分類

施設数

最小値

最大値

平均値

保育所、保育園

19

0.022 0.050 0.037
小学校 44 0.036 0.100 0.065
中学校・市立高校 21 0.012 0.096 0.063

公園(21世紀の森と広場含む)

45 0.015 0.110 0.049
合計 129 全体の平均 0.055

※ 測定の高さは、地表面から50センチメートル(中学校及び市立高校は1メートル)

松戸市内放射線量測定結果について(平成27年度継続モニタリング)

 市では、平均的な空間放射線量の推移を把握するために、市内で地域的な偏りがないように129施設を選定し、空間放射線量を測定しました。測定の結果、市内の平均値は毎時0.064マイクロシーベルトとなりました。これは、除染の指標値である毎時0.23マイクロシーベルトと比較し3分の1以下の値となっています。
 また、平成23年度からの同施設における空間放射線量の平均値の推移を右図に示します。平成23年度から放射性物質の半減期や除染の効果等により空間放射線量は低減を続けています。今後も、時間の経過とともに放射能は減衰し、空間放射線量も徐々に低減していくものと考えられます。

  • 測定期間:平成27年8月から9月
  • 測定対象:市内で地域的な偏りがないように129施設を選択
  • 測定高:地表面から50センチメートル(中学校及び高等学校は1メートル)の高さで測定
  • 測定機器:株式会社堀場製作所製 PA-1000 Radi
  • 測定結果:市内平均毎時0.064マイクロシーベルト
測定結果一覧(単位:毎時マイクロシーベルト)
施設分類

施設数

最小値

最大値

平均値

保育所、保育園

19

0.028

0.068

0.047

小学校

44

0.043

0.119

0.069

中学校・市立高校

21

0.025

0.096

0.070

公園(21世紀の森と広場含む)

45

0.021

0.138

0.062

合計

129

全体の平均

0.064

※ 測定の高さは、地表面から50センチメートル(中学校及び市立高校は1メートル)

松戸市内放射線量測定結果について(平成26年度事後モニタリング)

 松戸市では、空間放射線量の継続的な監視の一環として、経年的にその推移を調査しています。平成26年度は、松戸市内で偏りがないように295施設を選定し、空間放射線量を測定を行いました。測定の結果、松戸市内の空間放射線量の平均値は毎時0.09マイクロシーベルトとなりました。
 事故当時の平成23年度の線量や、除染の指標値である毎時0.23マイクロシーベルトと比較しても、半分以下の線量に下がっています。平成23から25年度にかけて除染を行ったこと、放射性物質の半減期、そして気象要因(ウェザリング効果)等により、放射線量は大きく低減しました。

  • 測定期間:平成26年9月から10月
  • 測定対象:除染実施計画策定時と同様の市内全域測定
    ※松戸市を59の地域に分割し、各地域5点の公共施設を測定し、市内全域の線量を把握します
    →公園を中心とする子ども関係施設を優先に295施設、379地点
  • 測定高:地表面から50センチメートル(中学校及び高等学校は1メートル)の高さで測定
  • 測定機器:シンチレーション方式エネルギー補償型サーベイメーター
  • 測定結果:市内平均毎時0.09マイクロシーベルト
      最も低かった地域:東松戸・・毎時0.07マイクロシーベルト(地域の平均)
      最も高かった地域:上矢切、中矢切・・毎時0.126マイクロシーベルト(地域の平均)

各年度の放射線量の推移

平成23年5月から平成26年7月の松戸市内の放射線量の推移をお知らせします

 地域的な偏りがないように選定された市内の10施設12地点(定点観測地点)の放射線量は、平成23年度から25年度にかけて除染を行ったこと、放射性物質の半減期や気象要因(ウェザリング効果)等により大きく低減しました。

平成25年度除染事後モニタリングについて

除染事後モニタリング(空間放射線量測定)

 平成23年度及び平成24年度除染を実施した子ども関係施設及び学校施設において、事後の空間放射線量の測定を行いました。

  • 対象施設:607施設(平成23、24年度に除染を実施した子ども関係施設及び学校施設)
  • 測定箇所:人が比較的多く時間を過ごすことが想定される屋外を施設規模に応じて最大で20点
  • 測定高:地表面から50センチメートル(中学校及び高等学校は1メートル)の高さで測定
  • 測定期間:平成25年10月29日から12月25日
  • 測定機器:シンチレーション方式エネルギー補償型サーベイメーター
測定結果一覧(平成25年3月末時点、単位:毎時マイクロシーベルト)
施設分類 施設数 最小値 最大値 平均値
市立保育所 17 0.07 0.18 0.11
小学校(廃校含む) 47 0.06 0.21 0.12
中学校(廃校含む) 21 0.07 0.20 0.13
市立高校 1 0.11 0.16 0.14
公園緑地 348 0.06 0.22 0.12
スポーツ施設 20 0.05 0.27(注釈2) 0.12
その他子ども関係施設(注釈1) 153 0.05 0.22 0.13
合計 607 全体の平均 0.12

※測定の高さは、小学生以下の子どもの施設では高さ50センチメートル、それ以外では高さ1メートル
(注釈1)民間保育園・幼稚園、こどもの遊び場、放課後児童クラブ(学校施設外)、認可外保育園、 児童デイサービス、児童館等
(注釈2)最大値毎時0.27マイクロシーベルトを記録した新松戸庭球場につきましては、今年度改修工事を予定しています。

傾向

概ね、ほとんどの施設において指標値から大きく下回る空間放射線量が確認されました。


市内放射線量の推移

放射線量が下がった主な要因

  • 国よりも厳しい市の独自基準による除染作業
  • 子ども関係施設および住宅の優先除染
  • 放射性物質(セシウム134は約2年、セシウム137は約30年)の半減期
  • ウェザリング効果(気象要因)による低減

指標値を上回る施設の対応

 モニタリング測定の結果、指標値(毎時0.23マイクロシーベルト)を超えた施設については、松戸市による除染作業及び施設の管理の中で、一部を除いて指標値未満に低減しました。
 なお、除染作業実施後も放射線量の低減が達成できていない施設においては、引き続き関係機関と対応について検討していきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

環境部 環境保全課 大気騒音係

千葉県松戸市根本387番地の5 新館6階
電話番号:047-366-7337 FAX:047-366-1325

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで