このページの先頭です
このページの本文へ移動

継続(事後)モニタリング

更新日:2019年12月15日

 除染実施計画を進めた結果、平成26年3月末をもって子ども関係施設、学校施設、住宅等の除染実施計画に基づく除染作業は終了しました。
 なお、空間放射線量の監視については、今後も測定箇所や測定頻度の見直しを検討しながら実施してまいります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。参考リンク:千葉県内7カ所のモニタリングポストによる空間放射線量の測定結果(外部サイト)

松戸市内放射線量測定結果について(令和年度継続モニタリング)

 市では、地域的な偏りがないように市内129施設を選択し、空間放射線量を測定しました。その結果、令和元年度の市内の平均値は毎時0.046マイクロシーベルトでした。
 また、平成23年度からの同施設における空間放射線量の平均値の推移をみると、当初から数年間は放射性物質の半減期や除染の効果等により空間放射線量は減衰し、現在ではほぼ一定の値に落ち着きました。
 なお、空間放射線量の監視については、今後も測定箇所や測定頻度の見直しを検討しながら実施してまいります。

  • 測定期間:令和元年8月から9月
  • 測定対象:市内で地域的な偏りがないように129施設を選択
  • 測定高:地表面から50センチメートル(中学校及び高等学校は1メートル)の高さで測定
  • 測定機器:株式会社堀場製作所製 PA-1000 Radi
  • 測定結果:市内平均毎時0.046マイクロシーベルト
■測定結果一覧(単位:毎時マイクロシーベルト)

施設分類

施設数

最小値

最大値

平均値

保育所、保育園

19 0.021 0.058 0.032
小学校 44 0.025 0.098 0.057
中学校・市立高校 21 0.018 0.079 0.054
公園(21世紀の森と広場含む) 45 0.010 0.104 0.037
合計 129 全体の平均 0.046

※ 測定の高さは、地表面から50センチメートル(中学校及び市立高校は1メートル)

松戸市内放射線量測定結果について(平成30年度継続モニタリング)

 市では、地域的な偏りがないように市内129施設を選択し、空間放射線量を測定しました。その結果、平成30年度の市内の平均値は毎時0.047マイクロシーベルトでした。
 また、平成23年度からの同施設における空間放射線量の平均値の推移をみると、当初から数年間は放射性物質の半減期や除染の効果等により空間放射線量は減衰し、現在ではほぼ一定の値に落ち着きました。
 今後も市内の平均的な空間放射線量の推移を把握するため、測定を継続してまいります。

  • 測定期間:平成30年8月から9月
  • 測定対象:市内で地域的な偏りがないように129施設を選択
  • 測定高:地表面から50センチメートル(中学校及び高等学校は1メートル)の高さで測定
  • 測定機器:株式会社堀場製作所製 PA-1000 Radi
  • 測定結果:市内平均毎時0.047マイクロシーベルト
■測定結果一覧(単位:毎時マイクロシーベルト)

施設分類

施設数

最小値

最大値

平均値

保育所、保育園

19 0.024 0.052 0.033
小学校 44 0.036 0.085 0.056
中学校・市立高校 21 0.030 0.073 0.057
公園(21世紀の森と広場含む) 45 0.008 0.111 0.039
合計 129 全体の平均 0.047

※ 測定の高さは、地表面から50センチメートル(中学校及び市立高校は1メートル)

過去のモニタリング結果

お問い合わせ

環境部 環境政策課 放射能対策担当室

千葉県松戸市根本387番地の5 新館6階
電話番号:047-704-3994 FAX:047-704-4020

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで