このページの先頭です
このページの本文へ移動

Timeline of sister city events 姉妹都市のあゆみ

更新日:2016年12月6日

Timeline (English coming soon) 姉妹都市のあゆみ
月日 内容
1971年(昭和46) 5月12日 K.C.リアー市長一行を迎え、ボックス・ヒル市と松戸市が姉妹都市宣言。交流が始まる。
1972年(昭和47)   県立小金高校・松戸高校とボックス・ヒルの高校生の間で、文通が始まる。
1973年(昭和48) 5月21日 松本清市長の市葬に、デュアー前市長他7名が列席。
1974年(昭和49) 5月10日 エッサー・ポールマン市長夫妻、イアン・ポート
タウンクラークが姉妹都市提携3周年を記念して来松。
11月22日 文化ホール内に「姉妹都市コーナー」がオープン。
1977年(昭和52) 2月26日 姉妹都市コーナーにおいて、クーナン・セカンダリー・カレッジ生徒作品展、オーストラリア芸術写真展を開催。
8月3日 松戸商工会議所オーストラリア経済視察団一行が、ボックス・ヒル市を訪問。
1978年(昭和53) 5月12日 姉妹都市提携7周年を記念して、Dewerボックス・ヒル市長夫妻が来松。
1980年(昭和55)   市民会館において、「オーストラリア映画祭」を開催
1981年(昭和56) 4月4日 丸山市議会議長他3名が、姉妹都市提携10周年を記念してホックス・ヒル市を訪問。
6月27日 姉妹都市提携10周年を記念して、「中高生英語スピーチコンテスト」が始まる。
1983年(昭和58) 4月1日 レイ・ヒル元市長夫妻が、松戸市制40周年記念式典に出席。
1984年(昭和59) 6月2日 「第1回オーストラリア親善の翼」として、松戸市民40名がボックス・ヒル市を訪問。
1985年(昭和60) 2月23日 「中高生海外短期派遣事業」(現:青少年姉妹都市派遣事業)が始まる。
8月1日 ボックス・ヒル市ガールスカウト一行32名が来松(以後、定期的に相互訪問)。
1986年(昭和61) 3月25日 松戸市からボーイスカウト・ガールスカウト一行52名が、ボックス・ヒル市を訪問(以後、定期的に相互訪問)。
6月19日 石井市議会議長が、姉妹都市提携15周年を記念してボックス・ヒル市を訪問。
7月14日 松戸市役所において、「ボックス・ヒル市児童絵画展」を開催。
  市立松戸高校生20名が、クーナン・セカンダリー・カレッジへ短期留学(以後、定期的に相互訪問)。
12月6日 ボックス・ヒル市東ライオンズクラブ交換留学生が来松。
1988年(昭和63) 1月17日 メルボルン地区ローターアクトクラブ員6名が来松。
1989年(平成元) 3月19日 クーナン・セカンダリー・カレッジ一行15名が来松。
3月23日 ボックス・ヒル市ガールスカウト協会一行26名が来松。
1990年(平成2) 3月15日 財団法人松戸市国際交流協会が設立。
11月30日 市立松戸高校とクーナン・セカンダリー・カレッジの間で、衛星討論会「フォーラム'91」を開催。
1991年(平成3) 5月8日 川崎助役等が、姉妹都市提携20周年を記念してボックス・ヒル市を公式訪問。
1992年(平成4) 1月10日 ボックス・ヒル市ライオンズクラブ代表団が来松。
4月21日 松戸東ライオンズクラブとボックス・ヒル市ライオンズクラブが、姉妹クラブ提携。
1993年(平成5) 4月14日 トム・ソープ市長が、松戸市制50周年記念式典に出席。
1994年(平成6) 6月4日 宮間市長の市葬に、ライアン市長他4名が列席。
12月15日 ボックス・ヒル市が隣接するヌナワディング市と合併して、ホワイトホース市となる。
1995年(平成7) 5月9日 両市のフラワーアレンジメント・グループが、大丸メルボルン店において生け花展を開催。
1996年(平成8) 2月6日 レイ・ヒル元ボックス・ヒル市長が、特使として来松。
5月9日 川井市長、元橋市議会議長、飯沼国際交流協会副理事長等6名が、姉妹都市提携25周年を記念してホワイトホースを訪問。ジェフリー・オスカー氏、シャーリー・ランドル氏と姉妹都市提携再調印を行う。
10月19日 姉妹都市提携25周年を記念して、国際文化祭を開催。
1997年(平成9) 10月30日 姉妹都市市民訪問団36名がホワイトホース市を訪問。
11月11日 障害者通所施設「喜楽家」一行26名が姉妹都市訪問。
12月14日 ロバート・チョン
ホワイトホース市議が来松。
  文化ホール内「姉妹都市コーナー」が改修オープン。
1998年(平成10) 10月14日 ヘレン・バッキンハム市長、ピーター・シーマーCEO、リチャード・アンダーソン市議、ディビッド・マッキトリック市議が、ホワイトホース市制施行後初めて松戸市を公式訪問。
12月1日 フレッシュテニスクラブ一行13名が姉妹都市訪問。
1999年(平成11) 3月25日 松戸美術会一行24名が姉妹都市訪問。
11月18日 国際交流協会設立10周年を記念して、市民訪問団40名が姉妹都市訪問。
2000年(平成12) 11月21日 ホワイトホース市職員リア・マックギネス氏が、行政視察のため来松。
2001年(平成13) 5月10日 姉妹都市提携30周年を記念して、ビル・ボーイー市長、ノーリン・ダフCEO、ホワイトホース市民等38名が来松。両市長間で記念メッセージを交換。
8月22日 JTB主催「姉妹都市親善訪問団」21名が姉妹都市訪問。
2002年(平成14) 4月1日 ホワイトホース市民イアン・ウッド夫妻が松戸を親善訪問。
5月12日 第1回「グリーン・ツリー・デー(樹の日)」開催。
両市で同時に記念植樹、両市長国際電話会談等を行う。(以後、毎年実施)
7月18日 ホワイトホース市民ジャネット・オコーナー氏が松戸を親善訪問。
2005年(平成17) 4月15日 ベイブ・ヒル元ボックス・ヒル市長夫人、シャロン・パートリッジ市議等「ビクトリア・オーストラリア・ジャパンソサエティ」一行6名が、松戸を親善訪問。
2006年(平成18) 5月11日 川井市長、松井市議会議長、飯沼国際交流協会理事長はじめ市民37名が、姉妹都市提携35周年を記念してホワイトホースを訪問。シャロン・エリス市長、ノーリン・ダフCEOと姉妹都市提携35周年宣言書に署名。
2007年(平成19) 5月12日 第5回グリーン・ツリー・デー 21世紀の森と広場で開催。ホワイトホース市:パークセンター
7月19日から7月29日 市立松戸高校生10名 姉妹高校のクーナン高校でのホームステイ交流。
8月25日 第27回姉妹都市友好事業中高校生英語スピーチコンテスト開催。
11月14日 ブルース・アトキンソン議員夫妻来松。
12月27日から1月5日 松戸・鎌ヶ谷地区ボーイスカウト一行13名がホワイトホース市を訪問。
1月7日から1月14日 ホワイトホース市クーナン高校一行14名来松し、市立松戸高校とのホームステイ交流。
3月13日から3月20日 第27回青少年姉妹都市派遣 中高生10名がホワイトホース市でのホームステイ交流。
2008年(平成20) 5月12日 第6回グリーン・ツリー・デー 栗ケ沢小学校で開催。ホワイトホース市:シビックセンター
8月30日 第28回姉妹都市友好事業 中高生英語スピーチコンテスト開催。
3月12日から3月21日 第28回青少年姉妹都市派遣 中高生9名がホワイトホース市でのホームステイ交流。
3月25日から4月3日 松戸市ガールスカウト一行17名が、ホワイトホース市を訪問。
2009年(平成21) 5月12日 第7回グリーン・ツリー・デー 幸谷小学校で開催。ホワイトホース市:スポーツリンク・バーモント
7月28日 ホワイトホース市ボーイスカウト8名来松。
8月29日 第29回姉妹都市友好事業 中高生英語スピーチコンテスト開催。
1月7日から1月15日 ホワイトホース市クーナン高校一行12名来松、市立松戸高校とのホームステイ交流。
3月15日から3月24日 第29回青少年姉妹都市派遣 中高生10名がホワイトホース市でのホームステイ交流。
2010年(平成22) 5月12日 第8回グリーン・ツリー・デー 殿平賀小学校で開催。ホワイトホース市:ホーテイカルチュラルセンター
7月16日から7月26日 市立松戸高校生10名がクーナン高校を訪問し、ホームステイ交流。
8月20日 第30回姉妹都市友好事業 中高生英語スピーチコンテスト開催。
3月17日から3月26日 第30回青少年姉妹都市派遣 ※東日本大震災により延期 翌年5月実施。
2011年(平成23)   姉妹都市提携40周年記念の年。 記念式典等事業は、東日本大震災により翌年へ延期。
5月12日 戸定邸において、「姉妹のコンサート(オペラと琴)」を開催。ベン・ステネットホワイトホース市長からのお見舞いメッセージを市民へ。 ホワイトホース市:植樹式をホワイトホースシティカウンシルで実施。
5月17日から5月26日 第30回青少年姉妹都市派遣を2ヶ月延期で実施。中・高・専門学校生 9名が、ホワイトホース市でホームステイ交流。
7月15日から7月25日 市立松戸高校生10名がクーナン高校を訪問し、ホームステイ交流。
10月29日 姉妹都市提携40周年記念事業「松戸市国際文化祭」を「平和・調和・絆」をテーマに開催。特別公演「ミネハハコンサート」の開催。花苗によるホワイトホース市章の展示。
12月19日 松戸市文化ホール内姉妹都市コーナーをリニューアル。
2012年(平成24) 5月10日 姉妹都市提携40周年記念を記念してマーク・レーンホワイトホース市長他40名の市民訪問団来松。
5月11日 姉妹都市提携40周年記念式典を松戸市役所議場で開催。松戸市特別名誉市民の証をマーク・レーン市長、ロバート・チョン市議、ベン・ステネット市議・ベバリー・ヒルさん4名の方へ授与。
5月12日 ホワイトホース市民訪問団一行と40周年記念の植樹式 (グリーン・ツリー・デー)を21世紀の森と広場で開催。
8月25日 第31回姉妹都市友好事業 中高生英語スピーチコンテスト開催。
3月14日から3月23日 第31回青少年姉妹都市派遣 中高生14名がホワイトホース市でのホームステイ交流。
2013年(平成25) 5月12日 第10回グリーン・ツリー・デー 21世紀の森と広場で開催。ホワイトホース市:ホワイトホースシビックセンター
7月12日から7月22日 市立松戸高校生10名がクーナン高校を訪問し、ホームステイ交流。
8月24日 第32回姉妹都市友好事業 中高生英語スピーチコンテスト開催。
3月13日から3月22日 第32回青少年姉妹都市派遣 中高生12名がホワイトホース市でのホームステイ交流。
3月26日 ガールスカウト17名がホワイトホース市を表敬訪問
2014年(平成26) 5月12日 第11回グリーン・ツリー・デー八ヶ崎第二小学校で開催。ホワイトホース市:ボックスヒルコミュニティアートセンター
7月13から7月22日 市立松戸高校生10名がクーナン高校を訪問し、ホームステイ交流
8月22日 ホワイトホース市ボーイスカウト一行15名が松戸市を訪問
8月23日 第33回姉妹都市友好事業 中高生英語スピーチコンテスト開催。

3月16日から3月25日

第33回青少年姉妹都市派遣 中高生10名がホワイトホース市でのホームステイ交流。

2015年(平成27)

5月12日

第12回グリーン・ツリー・デー柿ノ木台小学校で開催。ホワイトホース市:ボックスヒルコミュニティアートセンター

7月13から7月22日

市立松戸高校生10名がクーナン高校を訪問し、ホームステイ交流

8月22日

第34回姉妹都市友好事業 中高生英語スピーチコンテスト開催。

3月16日から24日

第34回青少年姉妹都市派遣 中高生10名がホワイトホース市でのホームステイ交流。

3月25日

ホワイトホース市からガールスカウト20名が松戸市を表敬訪問

2016年(平成28) 4月26日 ホワイトホース市との協力プロジェクト「スクール・アート・エクスチェンジ」の展示会
5月12日から16日

本郷谷市長、大井市議会議長、飯沼国際交流協会理事長はじめ市民35名が、姉妹都市提携45周年を記念してホワイトホースを訪問。フィリップ・ドー市長、ノーリン・ダフCEOと姉妹都市提携45周年宣言書に署名。

Return to sister city main page 姉妹都市交流のページへ戻る

お問い合わせ

経済振興部 文化観光国際課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7327 FAX:047-711-6387

本文ここまで

サブナビゲーションここから

姉妹都市「ホワイトホース市」 Sister City Whitehorse

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで