このページの先頭です
このページの本文へ移動

20歳になったら国民年金

更新日:2021年3月2日

 国民年金は、年を取ったときやいざというときの生活を、現役世代みんなで支えようという考えで作られた仕組みです。
 具体的には、若いときに年金制度へ加入し保険料を納め続けることで、年をとったときや、病気やケガで障害が残ったとき、家族の働き手が亡くなったときに、年金を受け取ることができる制度です。

国民年金のポイント

将来の大きな支えになります

 国民年金は20歳から60歳までの人が加入し、保険料を納める制度です。
 国が責任をもって運営するため、安定していて年金の給付は生涯にわたって保障されます。

老後のためだけのものではありません

 国民年金には、年をとったときの老齢年金のほか障害年金や遺族年金もあります。
 障害年金は、病気や事故で障害が残ったときに受け取れます。また遺族年金は、加入者が死亡した場合、その加入者により生計を維持されていた遺族(子のある妻や、子)が受け取れます。

20歳到達時の国民年金の手続き

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。20歳になったら国民年金(パンフレット)(日本年金機構ホームページ外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国民年金の加入と保険料のご案内(日本年金機構ホームページ外部リンク)

日本年金機構では、20歳になられた方向けに国民年金制度を動画でご案内しています。
動画は下記リンク先からぜひご視聴ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本年金機構動画サイト「20歳到達時の国民年金の手続き」

お問い合わせ

福祉長寿部 国民年金課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館3階
電話番号:047-366-7352 FAX:047-367-0606

本文ここまで