このページの先頭です
このページの本文へ移動

松戸市と日医工株式会社が「医療費適正化等に関する包括的連携協定」を締結しました

更新日:2019年9月2日

日医工株式会社との協定締結
左:松戸市長 本郷谷 健次  右:日医工株式会社 代表取締役社長 田村 友一

 令和元年8月30日に松戸市と日医工株式会社は「医療費適正化等に関する包括的連携協定」を締結しました。
 医療技術の進歩や高齢化等により、今後も医療費の上昇が見込まれる中、医療の質を落とすことなく、国民皆保険制度を今後も持続させていくために後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進により医療資源の効率的活用を図る必要があります。
 松戸市と日医工株式会社は、保険者とメーカーによる全国初の取組みとして連携協定を締結し、松戸市民に対する健康寿命の延伸と、医療費の伸びの適正化を図るため、各種取り組み及び啓発活動を連携・協力して実施いたします。

協定名

医療費適正化等に関する包括的連携協定

協定相手方

日医工株式会社

協定の目的

 松戸市と日医工株式会社が相互に連携及び協力し、市民の健康寿命の延伸及び医療費の伸びの適正化を図ることを目的とする。

協定締結日

令和元年8月30日

今後の予定

日医工による啓発協力支援活動提案(令和元年7月協議時点)

  • 健康イベント・通いの場等でジェネリック医薬品の普及啓発に対する協力支援
  • 市民向けの健康講座の実施に対する協力支援
  • ジェネリック啓発ブースの設置等の協力支援

※詳細は今後の協議により検討し、実施してまいります。

今後、他の企業様等からのご相談・ご提案があれば、協定の締結等の協議を行ってまいります。

お問い合わせ

福祉長寿部 国民健康保険課

千葉県松戸市根本387番地の5 本館1階
電話番号:047-712-0141(国民健康保険課コールセンター) FAX:047-361-7016

本文ここまで

サブナビゲーションここから

その他(特定健康診査・国保に係る他の制度)

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで