このページの先頭です
このページの本文へ移動

サービスにかかる費用

更新日:2015年5月9日

サービスを利用したら、費用の1割を支払います。ただし、所得に応じて上限が決められていて、負担が重くなりすぎないようになっています。残りの9割は市などが負担するしくみです。

1割 9割
自己負担 市25% 県25% 国50%

障害者総合支援法による障害福祉サービス利用者負担の上限額

所得に応じて区分に分けられ、それぞれに負担の上限額が決められています。

区分 対象となる人 上限額(月額)
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市民税非課税世帯 0円
一般 市民税課税世帯 37,200円
※利用するサービスや課税状況により、4,600円または9,300円に軽減されます

◎障害者の場合は、障害者と配偶者の世帯で、障害福祉サービスの負担額・補装具の購入または修理に要した費用(介護保険も併せて利用している場合は介護保険の負担額も含む)の合算額が月額上限額を超える場合は、高額障害福祉サービス費が支給されます(償還払い)。

施設でサービスを利用したとき

施設でサービスを利用する場合の食費や光熱水費などは全額自己負担です。

※ただし、施設入所者で生活保護・低所得の人は、申請により補足給付が受けられ、負担が軽減されます

児童福祉法による障害福祉サービス利用者負担の上限額

所得に応じて区分に分けられ、それぞれに負担の上限額が決められています。

区分 対象となる人 上限額(月額)
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市民税非課税世帯 0円
一般 市民税課税世帯 37,200円
※利用するサービスや課税状況により、4,600円または9,300円に軽減されます

◎障害児が障害者総合支援法と児童福祉法のサービスを併せて利用している場合は、利用者負担額の合算が、それぞれのいずれか高い額を超えた部分について、高額障害福祉サービス費及び高額障害児通所給付費が支給されます(償還払い)。また、世帯に障害児が複数いる場合でも、合算した負担額が一人分の負担額と同様になるように軽減します。

地域生活支援事業の利用者負担額の上限額

所得に応じて区分に分けられ、それぞれに負担の上限額が決められています。

区分 対象となる人 上限額(月額)
生活保護
低所得
生活保護受給世帯
市民税非課税世帯
0円
一般 市民税課税世帯 37,200円

お問い合わせ

福祉長寿部 障害福祉課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館3階
電話番号:047-366-7348 FAX:047-366-7613

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障害者総合支援法及び児童福祉法による障害福祉サービス

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで