このページの先頭です
このページの本文へ移動

市民が自家栽培した農産物の放射性物質検査結果について

更新日:2020年7月3日

  • 松戸市では、市民からの依頼により農産物の放射性物質検査を実施しています。
  • 自家消費用農産物の検査結果は以下のとおりです。
  • 平成25年6月検査分から「栽培地区名」は「栽培地名」での表示になりました。

最新の放射性物質検査結果(令和2年 6月検査分)

No. 検査日 採取日 検査品目 栽培地名 放射性セシウム134 放射性セシウム137
検査実績なし

単位:Bq/kg(1キログラムあたりベクレル)
※「検出せず」とは、放射性物質が存在しない、または測定下限値未満であることを示す。括弧内の数字は測定下限値。
なお、簡易型検査機器のため、測定値において誤差50%を超える品目については公表を差し控えさせていただきます。

今年度の検査結果

過去の検査結果

検査結果(平成31年4月1日から令和2年3月31日まで)

検査結果(平成30年4月1日から平成31年3月1日まで)

検査結果(平成29年4月1日から平成30年3月1日まで)

検査結果(平成28年4月1日から平成29年3月1日まで)

検査結果(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)

検査結果(平成26年4月1日から平成27年3月31日まで)

検査結果(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)

放射性セシウムの基準値

食品群 基準値 (放射性セシウム134・137の合計)
飲料水 10
牛乳 50
乳児用食品 50
一般食品 100

単位:Bq/kg(1キログラムあたりベクレル)

  • 食品中の放射性物質の基準値についてはこちらをご覧ください。(内部リンク)

検査機器について

  • 検査機器:NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメーター(ドイツ国ベルトールドテクノロジー社製ガンマ線スペクトロメータLB2045)
  • 測定方法:測定については、10時間のバックグラウンド測定を行い、1検体につき、420ミリリットルの試料を60分間かけて測定を行っています。
  • 検査方法:厚生労働省「緊急時における食品の放射線測定マニュアル」「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」、文部科学省「NaI(Tl)機器分析法」、科学技術庁測定法シリーズ24「緊急時におけるガンマ線スペクトロメータのための試料前処理法」に準じています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

経済振興部 農政課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル4階
電話番号:047-366-7328 FAX:047-366-1165

本文ここまで