このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. まつどの魅力
  3. まつどの観光・魅力・文化
  4. 歴史・文化・観光
  5. 松戸市デジタル美術館
  6. 作家検索
  7. 50音順(あ行)
  8. 板倉(昇) 須美子〔いたくら(のぼり)・すみこ〕1908年から1934年 洋画家

板倉(昇) 須美子〔いたくら(のぼり)・すみこ〕1908年から1934年 洋画家

1908(明治41)年6月、東京に生まれる。父はロシア文学者昇曙夢。
1925(大正14)年、文化学院中学部卒業。洋画家の板倉鼎と結婚。
1926(大正15)年、鼎の留学に同行して、ハワイ経由で渡仏。
ハワイには約4か月滞在する。7月よりパリに住む。
1927(昭和2) 年、油絵を始める。ハワイの記憶をもとに《ベル・ホノルル》と題した作品等を描く。この年よりサロン・ドートンヌに3年連続入選。
1929(昭和4) 年、仏蘭西日本美術家協会展(パリ1回展)、ブリュッセル展に出品。
鼎の急逝により年末に帰国。
1931(昭和6) 年ごろ、実家に戻り、有島生馬について絵の勉強を再開する。
1932(昭和7) 年、結核のため病床に就く。
1933(昭和8) 年、二科会の若手画家を中心とする美術団体「新油絵」の結成に参加。
1934(昭和9) 年5月、没(享年25)。

《午後 ベル・ホノルル12》1927から1928年ごろ
80×115.2cm 油彩画

《黒猫 ベル・ホノルル20》1928年ごろ
40.6×27cm 油彩画

《ベル・ホノルル25》1928年ごろ
26.5×35 油彩画

 《ベル・ホノルル14》1927から1928年ごろ
 40.8×27cm 油彩画

 《ベル・ホノルル13》1927から1928年ごろ
 40.8×27cm 油彩画

 《ベル・ホノルル24》 1928年ごろ
 64.0×80.5cm 油彩画

 《ハワイの丘》 1928年
 33.1×41.0cm 油彩画

 《ベル・ホノルル21》 1928年ごろ
 73.0×60.0cm 油彩画

 《ベル・ホノルル26》 1928から1929年ごろ
 65.5×80.3cm 油彩画

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表)
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る