このページの先頭です
このページの本文へ移動

焼却処理設備の概要

更新日:2020年4月4日

炉形式

  • 全連続燃焼式機械炉。ダイオキシンの発生を抑制するため、800℃以上(通常900℃程度)の高温でごみを燃焼させています。

公称能力

  • 100トン/24時間×3基

ごみピット

  • 6,000立方メートル。受け入れたごみを一時的に溜めておく場所です。ごみピットは25メートルプール約16杯分の容量で、市内から発生する焼却ごみを約1週間分溜めることができます。

ごみクレーン

  • 容積10.2立方メートル。最大で4トンのごみを吊り上げるクレーンが2基設置されています。


ごみクレーン

中央制御室

  • 焼却炉は、安定した燃焼ができるようコンピュータにより制御されています。


中央制御室

ガス冷却設備

  • 廃熱ボイラー方式(フルボイラー)

有害物質除去設備

  • 濾過式集塵機(バグフィルター)+湿式ガス洗浄装置+無触媒・触媒脱硝装置

排ガス処理設備

排水処理

  • 生物処理+アルカリ凝集沈殿+濾過・吸着+キレート樹脂吸着処理後、余った水を下水道に放流します。

煙突

  • 高さ125メートル

余熱利用

  • 工場内給湯、冷暖房及び和名ケ谷スポーツセンターへ熱供給しています。
  • 定格能力3,100キロワットの発電機が設置され、発電した電力は施設内で利用されるほか、余った電力は電力会社へ売却しています。

蒸気タービン発電設備

業務内容

 家庭及び事業所から排出される一般廃棄物のうち、「燃やせるごみ」「その他のプラスチックなどのごみ」「おもに木製品や布団などの焼却する粗大ごみ」を受け入れ焼却処理し、焼却灰を最終処分場へ搬出します。また、一般廃棄物と併せて処理する産業廃棄物(木くず、紙くず、繊維くず、竹)の受け入れ・処理も行っています。

お問い合わせ

環境部 和名ケ谷クリーンセンター

千葉県松戸市和名ヶ谷1349番地の2
電話番号:047-392-1118 FAX:047-392-1119

本文ここまで

サブナビゲーションここから

和名ケ谷クリーンセンター

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで