このページの先頭です
このページの本文へ移動

東京2020大会ホストタウンレガシー Tokyo 2020 Games Host Town Legacy

更新日:2022年6月30日

Romanian lecture at Matsudo Municipal High School  松戸市立松戸高等学校でのルーマニア講座

Last year, we accepted the Romanian Athletics team for the Pre-Games Training Camp for the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games in our city, which was the host town of the games. As a legacy after the games, we held the "Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games Legacy: Romania Lecture" online on Monday, June 27, 2022, at the International Humanities Department of Matsudo Municipal High School.

昨年、東京オリンピック・パラリンピック競技大会にて、ルーマニアのホストタウンである本市にて陸上競技選手団の事前キャンプ受け入れを行い、大会終了後のレガシーとして、令和4年6月27日(月曜)に、松戸市立松戸高等学校国際人文科において「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会レガシー ルーマニア講座」を実施しました。

Ms. Silvia CERCHEAZA, the Ambassador's secretary who is also in charge of cultural exchange at the Romanian Embassy in Japan, gave us interesting information on various aspects of Romania, such as climate, festivals, events, and food culture. Students gave various comments, including that the mamaliga (Romanian food made from corn flour) looked delicious and that they now want to visit Romania.
We would like to continue deepening our ties at the Tokyo 2020 Games.

在日ルーマニア大使館にて、大使秘書兼文化交流担当をされているシルヴィア・チェルケアザ氏に講師をして頂き、ルーマニアの気候、まつり、イベント、食文化など、様々な面から面白い情報を教えていただきました。生徒の皆さんからは、「ママリガ(トウモロコシの粉で作るルーマニア料理)が美味しそうだった」「ルーマニアに行ってみたくなった」との感想をいただきました。

これからも、東京2020大会での絆をつなげていきたいですね。

お問い合わせ

経済振興部 国際推進課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-710-2725 FAX:047-363-2653

本文ここまで