このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • 松戸市トップページ
戸定歴史館 TOJO MUSEUM OF HISTORY
  • 戸定歴史館
  • 戸定邸
  • 松雲亭
サイトメニューここまで

本文ここから

夏季展「坂川・江戸川水景色」

更新日:2015年8月26日

開催期間 平成27年7月18日(土曜)から9月23日(祝日)

プロローグ

 徳川昭武(1853-1910)が愛した戸定邸。その庭園は、今春、国の指定名勝になりました。戸定邸近辺の水景色は、彼の心をとらえました。それは松戸に暮らす人々の生活と共に在る情景でした。明治と平成、およそ100年を経て移り変わる松戸の街並みと、川の流れをご覧ください。

徳川昭武 海外留学したプリンス 

徳川昭武は、実家の水戸家から将軍家に入り、兄の将軍・慶喜の名代として1867(慶應3)年のパリ万国博覧会に派遣されました。ヨーロッパの地で彼は、「プリンス・トクガワ」と呼ばれました。ここでは、1868(明治元)年にフランスから帰国する時に、初代日本総領事でと務めたフランスの金融業者フリュリー・エラールから贈られたブロンズの馬や、ヨーロッパから持ち帰った大理石製獅子置物、この獅子の置物をモデルに戸定邸庭園内にあった「楽焼窯」で焼かれた陶製の獅子を展示します。

松戸宿 川がつないだ関係

徳川昭武は、趣味のカメラで旧松戸宿の写真をたくさん撮影しています。松戸神社や、高台の戸定邸から見た旧松戸宿などです。昭武の兄・慶喜や仲の良い親族が戸定邸を訪ね、一緒に松戸の風景を撮影に出かけることもありました。今回の展示では、江戸川を挟んだ対岸の金町、小合を写した写真も展示します。

坂川 殿が見た水景色 

戸定邸のすぐそばには坂川が流れ、それはいくつもの小河川の水路へとつながっていました。この水系は、治水、物資や人の移動に欠かせないものでした。徳川昭武が明暗のグラデーションに細心の注意を払って撮影した写真は、水郷地帯であった松戸の一面を改めて認識させてくれます。

江戸川 殿が見た水景色

松戸は、江戸川の水運、旧水戸道中の宿場町として発展しました。江戸川は、物資輸送の大動脈で、人と文化にとって重要な経路でした。白い帆に風を受けて進む船や、鮎の稚魚をとる様子、夕暮れのうつろいゆく川の風景などをご覧ください。

お問い合わせ

生涯学習部 戸定歴史館
千葉県松戸市松戸714番地の1
電話番号:047-362-2050 FAX:047-361-0056

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

教育委員会 生涯学習部 戸定歴史館

〒271-0092 松戸市松戸714番地の1

電話:047-362-2050 FAX:047-361-0056
開館時間:9時30分から17時00分まで(入館は16時30分まで) ※戸定が丘歴史公園は、9時から17時まで入園できます。
休館日:月曜日(祝日の場合にはその翌日)、年末年始(12月28日から1月4日まで)、歴史館のみ展示替え期間

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る