このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

火災が発生したら?

更新日:2014年3月10日

火が天井まで燃え広がったときは、避難しましょう。こうなると、もはや素人では消火が困難ですから、あとは消防士にまかせて早めに避難してください。消火は最初の3分間が勝負です。万一、火が出たときは初期消火に努めましょう。また、地震の際は、たとえ小さな揺れでも、必ず火の始末をすることが大切です。

初期消火の三原則

早く知らせる

小さな火事でも一人で消そうとしないことが大切。大声で隣近所に助けを求め、ただちに119番通報しましょう。

早く消火する

ボヤのうちに消し止められるかどうかが分かれ目。消火器や水だけでなく、毛布で覆うなど手近なものをフル活用しましょう。

早く逃げる

天井まで火が燃え広がったら、いさぎよくあきらめて避難してください。その際、燃えている部屋のドアや窓を閉め、空気を遮断しておきましょう。

火の用心!10か条

  1. 天ぷらを揚げるときは、その場を離れない。
  2. 寝たばこ、たばこの投げ捨てをしない。
  3. 風が強いときは、たき火をしない。
  4. 家の周囲に燃えやすいものを置かない。
  5. 子どもをマッチやライターで遊ばせない。
  6. 電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない。
  7. ストーブに燃えやすいものを近づけない。
  8. 寝る前や外出するときは必ず火元を確かめる。
  9. お年寄りや子どもの部屋は玄関に近い場所にする。
  10. 消火用具を備え、使い方を練習しておく。

火元別 初期消火のポイント

油なべが燃え出したら

まず、ガスの元栓を締め、消火器で油面を覆うように放射します。消火器がない場合は、なべにふたをして空気を遮断するか、ぬらしたタオルなどでなべ全体を覆いましょう。いったん消火しても、完全に温度が下がるまではなべにふたをしておいてください。

カーテンやふすまに火がついたら

カーテン、ふすま、障子などは火が燃え上がるときの通り道となります。天井まで燃え広がる前に、水や消火器で消火を。間に合わなければ、カーテンはレールから引きちぎり、ふすまや障子は蹴り倒して、足で踏んで消しましょう。

衣類に火がついたら

ただちに床や地面に倒れて、転がりながら火を消します。その後、さらに水をかぶって完全に消火してください。風呂場のそばにいるときは、湯船の残り水を頭からかぶるか、湯船の中に飛びこみましょう。

石油ストーブから火が出たら

消火器があれば火元に向けて噴射します。無い場合は、毛布や布団をストーブにかぶせるか、バケツ1杯の水を一気にかけてください。火が消えた後も、天板の余熱で再発火するケースがありますから注意しましょう。

お問い合わせ

総務部 危機管理課
千葉県松戸市根本387番地の5 別館1階
電話番号:047-366-7309 FAX:047-368-0202

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る