松戸市

ゆいの花公園ボランティア団体「結いの会」

更新日:2018年1月25日

みんなで一緒にお花を育ててみませんか?

「結いの会」3期生の募集

平成23年7月に設立された結いの会も平成30年には8年目を迎えます。
今まで活動してきたメンバーと一緒に市と協働し、東松戸ゆいの花公園で花壇の維持管理をしてくださる方を今回また新たに募集します。

年度内の活動日

1月10日(水曜)・23日(火曜)
2月6日(火曜)・14日(水曜)・27日(火曜)
3月14日(水曜)・20日(火曜)・28日(水曜)

体験会

普段の作業など結いの会の活動に実際に参加していただきます。

プロフィール(平成30年1月1日時点)

年齢層は50歳代から80歳代。
公園のご近所だけでなく、松戸市内各所からお集まりいただき日々の活動を行っています。

活動内容

日々のボランティア活動は月に2回から4回、2時間程度行っています。
ボランティアで管理している花壇は園内の約4分の1を占め、ゆいの花公園の名物のひとつであるデザイン花壇も含まれています。過去には写真のようなデザインの植え付けを市と協働して行いました。

よつばのクローバーにデザインされた花壇の写真
秋のデザイン花壇「よつばのクローバー」

富士山にデザインされた花壇の写真
冬のデザイン花壇「富士山」

設立の経緯

広報まつど(平成23年3月15日号)にて参加募集を行い、ボランティア体験会を実施しました。
全4回のボランティア体験会はお互いの紹介をし合う他己紹介から始まり、ゆいの花公園の概要や園芸の基礎について学んだり、実際に花壇に花を植えたり、今後のゆいの花公園について「こんな公園にしたい」とイメージを出し合ったりしました。
これらの体験をふまえ、体験会後も続ける意思を持った方たちによって、「結いの会」は結成されました。

お問い合わせ

松戸サイトトップへ