このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

松戸フューチャーセンター

更新日:2018年11月27日

平成30年度の取り組み

【募集は終了しました】松戸フューチャーセンターフォーラム2018 「対話」でまちを面白くする~対話の活用法をみんなで考えよう~

目的や価値観が異なる個人・団体をつなげるファシリテーション(対話)の技法を地域活性に活かす方法をみんなで考えましょう♪

イベント概要
日時 平成30年11月17日(土曜)13時から17時
会場 松戸市文化ホール内松戸フューチャーセンター(松戸ビルヂング4階)
ファシリテーター

NPO法人国際ファシリテーション協会理事 影山 貴大氏
生涯学習推進課主催のファシリテーター養成講座受講生

対象 「対話」や「地域活性」に興味のある方
定員 20名(先着)

会議のイメージイラスト

【募集は終了しました】まちを仲間と面白くする会話の達人~ファシリテーター養成講座~

基礎編 全4回+実践編

  1. 6月14日(木曜)=話し合いのポイント
  2. 6月21日(木曜)=上手な話の聞き方
  3. 6月28日(木曜)=質問の仕方
  4. 7月5日(木曜)=話のまとめ方、実践に向けて

※9月から11月に実践編として、ファシリテーションの技法について学び、実際にフォーラムの企画・運営を行います。

時間:10時から12時
会場:文化ホール内松戸フューチャーセンター
講師:地域づくりファシリテーター 影山 貴大氏
対象:市内在住・在勤・在学のテーマに興味のある方
定員:20人(先着順)
費用:無料
申込:電話で生涯学習推進課(047-367-7810)へ

北欧で生まれたフューチャーセンターという仕組み

北欧では、1990年代以降、人口、資本、資源が限られる中、様々な課題を解決し、持続的成長を実現して行くための手法として、知的資本を最大限に活用し、様々な関係者が参加して未来志向の対話を中心とした知的資本経営が、官民一体となって活発に推進されています。この「未来価値を生み出す場(仕組み)」として誕生したのが、フューチャーセンターです。
近年、北欧と同様に天然資源を持たない日本においても、少子高齢化や人口減少社会の到来を受けて、フューチャーセンターの機能や役割が注目され、企業をはじめ国や大学等で導入や、導入の検討が推進されています。

松戸フューチャーセンター

平成28年3月26日、松戸市文化ホールに松戸フューチャーセンターが誕生しました。
松戸市がフューチャーセンターを設立した背景は、市を取り巻く環境が複雑化し、ニーズが多様化しており、発生した課題に対し、単独の担当課や優れたリーダーがいるだけでは解決できない時代になっているということが挙げられます。
そうした時代に課題を解決していくためには、多様な関係者が対等な立場で、未来志向の対話で話し合い、革新的なアイデアを生み出す必要があります。

松戸フューチャーセンターは、そのための仕組みとして誕生しました。

内装の写真

これまでの松戸フューチャーセンターの具体的な取り組み

現在、松戸フューチャーセンターでは、「誰もが創造的に働く」をテーマにしています。
様々な関係者が参加して、未来志向の対話を通じて、新たなアイデアや手段を発見・創出・共有するセッションを実施するとともに、セッションを通して、新たな価値(イノベーション)を創出する仕組みの構築と人材育成に取り組んでいます。

平成29年度の取り組み

  • 誰もが創造的に働くためのフューチャーセンター事業

「誰もが創造的に働くためのフューチャー事業」として、女性・シニア・若者のテーマに関連する市役所の関係部署が集まり、月に1回程度、ワーキング会議を開催しました。
今年度は昨年度の取り組みで創出された様々なアイデアや材料を整理するとともに、具現化に向けて、庁内のワーキングメンバーの職員、市民、企業、NPO等、様々な関係者が参加してアイデアのブラッシュアップを行いました。
詳細につきましては、報告書をご覧ください。

  • イノベーションの創出に取り組む企業等との連携

21世紀の日本を再生、持続的に成長させるためには、イノベーションの創出が不可欠であるという認識から、官民問わずイノベーション人材の育成が重要な課題となっています。
こうした趣旨から設立されている「※デジタルビジネス・イノベーションセンター(特定非営利活動法人CeFIL運営)」と連携して、平成29年8月と平成30年2月に、都内企業でイノベーションの創出に取り組んでいる会社員に参加していただき、「若者の働き方改革の視点から、松戸市が魅力的な街になるためのアイデアの創出」に取り組みました。

※デジタルビジネス・イノベーションセンター(特定非営利活動法人CeFIL)…日本を代表する企業がメンバーに加わり、多様性を重視したオープンイノベーションの実施と人材育成支援活動に取り組むために設立されたイノベーションを起こすための場。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【レポート】8月DBIC実践型ビジネス創造トレーニングプログラム

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【レポート】2月DBIC実践型ビジネス創造トレーニングプログラム

  • まつど生涯学習フォーラム第二部「みんなで考える”未来”フォーラム

平成29年11月8日に松戸フューチャーセンターの取り組みの周知とフューチャーセンターの可能性を考える場として、「まつど生涯学習フォーラム」を開催しました。

  • 【青少年会館】第15弾 春よ恋!ふたりのHappyバレンタイン

「第15弾 春よ恋!ふたりのHappyバレンタイン」において、参加者同士の交流を深めるとともに、次年度の縁結び事業のアイデアだしのためのフューチャーセッションを行いました。

  • 【総務課共催】 平和の集い「地球のステージ・ピースセッション」

平和の集い「地球のステージ・ピースセッション」の企画作りに向けて、松戸市平和大使や国際文化大使、外国人市民(留学生)等が参加してのフューチャーセッションを9月と10月の2回行いました。

平成28年度の取り組み

  • 誰もが創造的に働くフューチャーセンタ事業

昨年度の女性、若者に加え、シニアも対象とし、「誰もが創造的に働くフューチャーセンター事業」として、統計調査、インタビュー調査、分析、アイデア作成を行いました。

  • 【青少年会館】 縁結びサポート事業 第12弾「クリスマス直前Matsudo恋物語」

平成28年度の縁結びサポート事業 第12弾「クリスマス直前Matsudo恋物語」において、参加者同士の交流を深めるとともに、次年度の縁結びサポート事業のアイデアだしのためのフューチャーセッションを行いました。

  • 【総務課共催】 平和の集い「地球のステージ・ピースセッション」

平成28年度からの取り組みとして、平和の集い「地球のステージ・ピースセッション」の企画作りに向けて、松戸市平和大使や国際文化大使、外国人市民(留学生)等が参加してのフューチャーセッションを行いました。

平成27年度の取り組み

  • 松戸フューチャーセンターの構築

対話を促進する場を創ることを目的に、部屋の改装を行うとともに、セッションを通じて、人材の育成を行いました。

  • 松戸フューチャーセンターロゴマーク

ロゴマーク

松戸フューチャーセンターのロゴマーク。
「未来」という文字を重ねた形を表しており、そのときにできる八角形をダイヤモンドの輝きに重ねている。
また、10個の三角形の集合体に見ることもでき、多様な人が集まって輝く、そして輝く未来を創っていくというメッセージが込められている。

  • ハンク・クネ氏からのお祝いメッセージ

松戸フューチャーセンターが完成したのを記念し、欧州フューチャーセンターの実践コミュニティであるフューチャーセンター・アライアンスのハンク・クネ氏からお祝いのメッセージをいただきました。

  • 「女性と若者が創造的に働くためのフューチャーセッション」

フューチャーセンターを構築すると同時に、「女性と若者が創造的に働く」ということをテーマに、若者や女性が、自分の能力に気づき、適切な職業・会社選択を行い、やりがいをもって働いていくために、「働く」を考える試行的なセッションを行いました。

その他

人材育成事業

フューチャーセンター事業を通してイノベーションを創出する人材の育成に取り組んでいます。

家庭教育学級

松戸市では、家庭教育学級を松戸市立小学校全校に通年で開設しています。
各学級での運営に生かしてもらうことを目的に、平成26年度より、代表校6校が集まる情報交換会及び全小学校が集まる研修会にて、「みんなの考えをまとめていく話し合いの仕方」と題し、対話の手法を用いた話し合いについて研修を行っております。
具体的には、平成26年度は「学習計画の立て方」「学習テーマの出し方」、平成27年度は「年間の活動の振り返りの仕方」、平成28年度は「講座の学びをさらに深めるための話し合い」について学んできました。

話し合いの仕方を学び、体験をした学級生からは、「話し合いが苦手であったが、今回の手法であればスムーズに話ができた。」「思っているよりいろいろな意見が出ることに驚いた。」等、好評でした。
実際に、この話し合いの仕方を学級活動の中に生かしている学級も多数あります。

松戸市の家庭教育学級「イキイキ子育て~出会い・学び合い・高め合い~」

いきいき学級で話し合っている画像

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生涯学習部 生涯学習推進課
千葉県松戸市松戸1307の1松戸ビルヂング4階(松戸市文化ホール内)
電話番号:047-367-7810 FAX:047-360-0945

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る