このページの先頭です
このページの本文へ移動

「ちば里山アワード」大賞受賞

更新日:2021年1月8日

「ちば里山アワード」ちば里山大賞を受賞

松戸里やま応援団と松戸市との協働で行っている、里やま保全活動の取組みが、「ちば里山アワード」のちば里山大賞を受賞しました。

ちば里山アワード

県内で実施している里山の整備・利活用等、また里山の魅力を創出する優れた活動や先駆的な活動に対して表彰する制度です。

受賞の大賞となった活動

  1. 活動名:里やまボランティア入門講座から里やま活動への展開
  2. 実施団体:松戸里やま応援団、松戸市

活動の経緯

東京近郊のおよそ50万人が暮らす松戸市において、「今あるみどりを守り育て、良好な自然環境を引き継ぐこと」を目的に、平成15年から市民ボランティアと行政との協働で「里やまボランティア入門講座」がはじまりました。その修了生が「里やま活動団体」を立ち上げ、現在14団体が行政の仲介により森林所有者の理解と協力のもと、活動を行っています。さらに、その14団体が「松戸里やま応援団」としてネットワークを構成し、連携を図り、精力的に活動を繰り広げています。

活動内容

  1. 市内14か所の森で里山保全・整備活動
  2. 松戸里やま応援団としてステップアップ講座の開催
  3. 学校・幼稚園・保育所などの子供たちを対象とした森林体験の受け入れ
  4. 子育て団体とともに森を活用したイベントの開催
  5. 「オープンフォレストin松戸」の開催(平成24年から継続して開催し、市内の森を一斉に一般公開しています。)

活動効果

みどりを保全するとともに、活動を通して、多く市民に森の魅力を伝え、緑の大切さへの理解を広げています。また、この取組みは県内初の事例であり、同様の取組が近隣の市町にも広まっています。

なお、この受賞を記念し、4月に「仮称)ちば里山アワード大賞受賞記念講演会」の開催を予定しています。
※新型コロナウィルスの感染拡大状況によっては、中止または延期となる場合がございます。

松戸の里やま保全活動

里やまボランティア入門講座

オープンフォレストin松戸

お問い合わせ

街づくり部 みどりと花の課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館8階
電話番号:047-366-7378 FAX:047-368-9595

本文ここまで