このページの先頭です
このページの本文へ移動

環境部の主要な事業の紹介(2)

更新日:2019年7月3日

主要な事業

民間回収資源化システム支援事業

スケジュール 平成3年度から
内容 市では資源循環型社会を構築していく上で基盤となる3R施策(リデュース・リユース・リサイクル)の一つであるリサイクルを推進するため、町会や自治会等の市民団体で実施されている集団回収(リサイクル活動)に対し、奨励金を交付し支援を行っています。
効果 市の資源ごみ収集量11,879トンに対して、集団回収は20,718トン(平成24年度実績)と資源ごみ収集を上回っており、集団回収はリサイクルの重要な役割を果たしています。
現在と今後 平成25年3月末現在
 登録団体 470団体
集団回収を全市的に拡大し、民間による資源化の促進を図っていくことが有効と考えられます。

集団回収(リサイクル活動)イラスト

  • 集団回収(リサイクル活動)

ごみ処理事業(剪定枝)

スケジュール 平成25年度から
内容 日暮最終処分場剪定枝等受入搬出業務委託
 市内から出た剪定枝等を焼却施設に直接持ち込んで焼却すると、放射性物質濃度の値が高くなってしまうため、日暮最終処分場に一時的に受入して仮保管し、定期的に搬出を行っています。
効果 市内焼却施設からでた焼却灰の放射性物質濃度の均一化を図っています。
現在と今後 日暮最終処分場の埋め立て作業と剪定枝等の仮保管作業を並行して行っています。
 今後の課題としては、剪定枝等の仮保管の長期化により、平成29年3月までの日暮最終処理場の埋め立てへの影響が考えられます。

容器包装ごみリサイクル事業

スケジュール 平成25年度から
内容 日暮クリーンセンター定期整備修繕は下記のとおりです。
  • 圧縮梱包機整備 2基
  • 圧縮梱包機装置整備 2基
  • コンベア類整備 1式
  • 高圧配電盤整備 1式他
効果 日暮クリーンセンターは松戸市唯一のリサイクルするプラスチックを処理する施設であり、操業が停止することは市内にごみがあふれる状態になることが考えられます。
このような事がないようにするために、定期的に整備修繕を実施し、施設の機能維持及び安定操業を図っています。
現在と今後 稼動開始から25年以上を経過し各装置機器は、老朽化し事故の発生確率が高まっています。
今後の課題としては、老朽化した装置機器をいかに計画的・定期的に修繕を実施し機能維持を図っていくかです。
関連リンク

市内で収集されたリサイクルするプラスチックのごみ

圧縮梱包機と圧縮梱包したリサイクルするプラスチックのごみ

資源リサイクルセンターの施設整備事業

スケジュール

平成27年度

内容

資源リサイクルセンター定期整備修繕は下記のとおりです。
 

  • 破砕機整備  1基
  • コンベア類整備  1式
  • 選別ライン整備  1式他
効果 本整備により選別作業の安全確保を図ります。また、計画的な機器の修繕により機器の機能維持及び安定稼動を図ります。
現在と今後   資源リサイクルセンターでは、多くの作業を手選別で行うことから危険が伴います。また、施設は竣工から34年経過しており、老朽化に伴う機器の故障も発生しています。こうしたことから、本整備により今後も継続して資源ごみ等のリサイクルに取り組んでいきます。

和名ケ谷クリーンセンター整備事業(和名ケ谷クリーンセンター)

スケジュール 平成27年度
内容

 焼却施設の設備・機器は、高温や焼却灰に曝される過酷な条件の下、24時間の連続運転が求められています。
 このことから、毎年定期的に設備・機器のメンテナンスが必要であり、平成27年度においても定期整備工事を実施します。
 なお、和名ケ谷クリーンセンターは、設備の基幹部分の老朽化により、平成7年の稼動開始より18年目の平成24年度から平成26年度までの3ヶ年において大規模改修工事(基幹改良工事)を実施し、平成41年度まで施設の耐用年数を延長しました。

効果  定期整備工事を実施することにより、次回の定期整備工事まで約1年間の安定稼動を確保することができます。
現在と今後

 和名ケ谷クリーンセンターは、市内から発生する「燃やせるごみ」、「その他のプラスチックごみ」、「可燃性粗大ごみ」の焼却処理を担う主力工場として、今後も安定的に施設を稼動し、ごみ処理を行うべく、適正な設備の整備を継続していきます。
 また、ごみの焼却による発電については、基幹改良工事により能力を2238kWから3100kWに増加させたことから、安定的な発電機の稼動を確保し、さらなる地球温暖化防止に貢献していきます。

関連リンク 和名ケ谷クリーンセンター詳細

環境保全課関連リンク

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

東京外郭環状道路に係る環境調査

定点観測地点の放射線量測定結果

市有施設のアスベスト対応状況について

航空機騒音

災害時のペット対策について

収容・保護動物情報

犬の登録・狂犬病予防注射について

あき地の雑草対策

平成27年版「環境の現状と対策」

関連リンク

環境部の主要な事業の紹介(1)

お問い合わせ

環境部 環境政策課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館6階
電話番号:047-366-7089 FAX:047-366-8114

本文ここまで

サブナビゲーションここから

環境部長のページ

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで