このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

馬橋地域の歴史

更新日:2013年11月25日


馬橋地域の地図


 松戸宿は江戸から千住、新宿(にいじゅく)に次ぐ三番目の宿で次いで小金宿となります。馬橋村は松戸宿と小金宿の(あい)の宿といわれていました。

王子神社

 万満寺の守護神として創建され、神社を管理した別当寺(べっとうじ)は万満寺でしたが、神仏分離令により王子神社として自立し、大正十一年(1922年)に馬橋村の村社に指定されました。
境内には、寛文元年銘(1661年)の(せき)祠型(しがた)としては県内最古の道祖神があります。

法王山萬満寺

 建長八年(1256年)に千葉介(より)(たね)が、現在の前身となる真言律宗の大日寺を建立したと伝えられています。のちに貞胤(さだたね)あるいは胤宗(たねむね)によって千葉氏の菩提寺として千葉へ移されました。しかし、康暦(こうりゃく)元年(1379年)、千葉満胤(みつたね)【十四代】により臨済宗の古天(こてん)(しゅう)(せい)を招き、中興開山し、第2代鎌倉公方であった足利氏満の1字をとって萬満寺を開基しました。本尊は、阿弥陀如来像と木造不動明王像で市の有形文化財に指定されています。大門(楼門)の奥には、運慶の作と伝えられている国指定重要文化財の阿吽(あうん)仁王像(におうぞう)(木造金剛力士像)を安置した仁王門があります。病除けの「仁王の股くぐり」は、阿形の仁王像の狭い股をくぐり抜けるもので、江戸時代から伝統行事として行われています。明治41年の火災により本堂・庫裏等を焼失し、現在の不動堂は、殿平賀の慶林寺本堂を移築したものです。
戦国時代には、高城氏より寺領寄進の保護を受け、江戸時代には、家康はじめ代々の将軍から市域内の寺社で最高の朱印地70石を賜りました。
また、豊臣秀吉による小田原の役の際、小金城は浅野長政に攻められましたが、民心の安定を計るために豊臣秀吉が万満寺に掲げた「一銭切りの制札」が残っています。


 千葉神社の南側に移された大日寺は、昭和20年の戦災で焼失し、千葉市轟町(とどろきちょう)に移されました。境内には、千葉常胤から胤将(たねまさ)に至る千葉氏16代の墓碑(五輪塔)が整然と並び、千葉市の重要文化財に指定されています。

馬橋

 長津川にかかる水戸街道の橋は、多くの旅人が往来しましたが、大雨のたびに流されてしまいました。そこで、万満寺とゆかりのあった良観上人(りょうかんしょうにん)が馬の鞍をした橋を架けさせたところ、それ以来、橋は流されなくなったそうです。そして、人々は、その橋を「馬橋」と呼ぶようになり地名の由来になったと言われています。

妙見神社

妙見神社の祭神は、国造り国土守護神の(くにの)(とこ)立命(たちのみこと)ですが、妙見(みょうけん)菩薩(ぼさつ)が、明治初年の神仏分離令によって祭神に改められたと思われます。


【中根妙見神社伝説】 九州千葉氏の祖であった(たね)(さだ)は、何回か肥前(ひぜん)と下総を往復しますが、南北朝の混乱期で戦い疲れた胤貞が中根城(三ケ月台の小金城)へ戻ったところ、城が荒廃していたそうです。この城主の痛ましい姿を見た農夫が傍らの松の枝を三本折り、憩いの場所を作ってあげたそうです。そして、妙見神社は、その跡に建てられたと伝えられています。
農夫はそのとき「三枝松」の姓をもらい、明治の初め頃までの千葉妙見社祭礼の際の開扉は、馬橋の三枝松氏が行うようになったそうです。

お問い合わせ

松戸市

千葉県松戸市根本387番地の5
電話番号:047-366-1111 FAX:047-363-3200

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 
電話:047-366-1111(代表)
FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る