このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

明地域の歴史

更新日:2013年11月25日

明地域の地図画像

礼拝山恭敬院(らいはいざんくぎょういん)本福寺

本福寺は、時宗の第二世他阿(たあ)上人(しょうにん)により、鎌倉時代後期の嘉元元年(1303年)により開基されたと考えられている寺院で、本尊は阿弥陀如来です。
時宗という宗派は、鎌倉時代に一遍(いっぺん)により始められた宗教です。南北朝期の観応二年(1351年)、千葉貞胤(さだたね)が京都で、61歳で没し、時宗の僧によって葬儀が行われたことから、それ以後、千葉氏は、時宗を信仰するようになりました。
しかし、今日では、東葛地方でも僅か三ヶ寺しかなく、松戸市域に残る時宗の寺院は、本福寺のみです。
境内には、民話、上本郷の七不思議の「斬られ地蔵」があります。また、幕末の嘉永4年(1851年)に長州藩(江戸藩邸)を脱藩した吉田松陰が東北遊歴の際に宿した寺としても知られています。

風早神社

 当社地は、鎌倉時代に風早庄(上本郷を中心とした北は本土寺までを含む一帯の荘園)の地頭になった東胤頼(とうのたねより)(千葉六党の一人)の子で、風早四郎胤康(たねやす)の屋館跡と伝えられています。
風早神社は、庄内の祭神を一か所に勧請した風早庄の総社でした。戦国時代には、高城氏の保護を受け、天正十九年(1591年)には、家康より社領五石を寄進され、江戸時代には、朱印高五石を受け幕末に至っています。その後、明治39年(1906年)に明村の村社に指定されました。 松戸の三匹獅子舞が伝承されています。

明治神社(妙見社)

 現在の祭神は、中根の妙見(みょうけん)神社と同じく(くにの)(とこ)立命(たちのみこと)ですが、明治初年の神仏分離以前は、「妙見社」と称し、妙見菩薩を祀っていました。なお、明治神社は、平成13年の不審火で焼失しましたが、地域の協力により平成15年に再建されました。

松戸の三匹獅子舞が伝承されています。

お問い合わせ

松戸市
千葉県松戸市根本387番地の5
電話番号:047-366-1111 FAX:047-363-3200

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る