このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市立図書館
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 松戸市立図書館
  3. こどものページ
  4. この本よんで! 令和2年3月発行

この本よんで! 令和2年3月発行

更新日:2020年3月1日

幼児向き

書名 著者名 出版社 分類
のりまき 小西 英子/さく 福音館書店 絵本
ごはん山 はらぺこめがね/著 白泉社 絵本
いらっしゃい せな けいこ/さく え 童心社 絵本

低学年向き

書名

著者名

出版社

分類

やきいもとおにぎり みやにし たつや/作絵 鈴木出版 絵本
ゆきのけっしょう

武田 康男/監修 写真

小杉 みのり/構成 文
岩崎書店 絵本
ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう
中川 ひろたか/作 高畠 那生/絵 光文溪堂 絵本
がっこうかっぱのおひっこし
山本 悦子/作 市居 みか/絵 童心社

J913

中学年向き

書名

著者名

出版社

分類

ちび竜

工藤 直子/文 あべ 弘士/絵

童心社 絵本
魔法のたいこと金の針
茂市 久美子/作 こみね ゆら/画 あかね書房

J913

高学年向き

書名 著者名 出版社 分類
かえるの天神さん 日野 十成/文 斎藤 隆夫/絵 福音館書店 絵本

天邪鬼な皇子と唐の黒猫

渡辺 仙州/作 ポプラ社 J913

中学生向き

書名 著者名 出版社 分類

壁抜け男

マルセル エーメ/作 平岡 敦/訳 ヨシタケ シンスケ/絵

理論社 J953
ネバームーア モリガン・クロウの挑戦

ジェシカ タウンゼント/著

田辺 千幸/訳
早川書房

J933

全学年向き

書名 著者名 出版社 分類
歴史のなかの子どもたち

フィリップ ウィルキンソン/著 スティーブ ヌーン/絵

太田 てるみ/訳
岩崎書店 J209
イチからつくるのり

早川 典子/編 宇高 健太郎/編

水上 みのり/絵
農山漁村文化協会

J579

『すべりだい』幼児向き

すべりだいでだれかが遊んでいます。大きい体に、長いお鼻の動物はだれでしょう。しゅるるん、ぱおーん!とすべりおりてきたのは、ぞうさんでした。さて、次は? 緑色でぎざぎざの背中に、大きなお口。どんな動物がすべってくるか、分かるでしょうか。すべりだいのかげにかくれた動物たちをあてっこする、楽しい赤ちゃん絵本です。

新井 洋行/作 絵  鈴木出版

『おにぎりをつくる』低学年向き

ほかほかでまっ白、一口食べれば生きる力がわいてくるような、おいしいおにぎり。ごはんと塩があれば出来てしまうおにぎりは、一人で留守番をしている子どもたちにも、忙しいお母さんやお父さんにとっても、一番の味方です。そんなおにぎりを、小さい子でも一人で作れるように写真と簡単な文章で作り方を紹介しています。ぜひ、おうちでも作ってみてください。

高山 なおみ/文 長野 陽一/写真 ブロンズ新社

『おおきなおおきな木みたいに』低学年向け

お友達に、「あっちいけ」とか、「きらいだー」と言ったら、二人の間に見えないギザギザができてしまいます。でも、「いっしょにあそぼう」とか、「こっちへおいでよ」と言ったら、きっと、二人の間に楽しいことが生まれます。ページをめくるたび、左の場面にはギザギザな穴が、右の場面には小さな木の幹が浮き上がっていくしかけがあります。ちょっとした言葉ひとつひとつによって、子どもたちの心が育まれていく様子がよくわかる絵本です。

ブリッタ テッケントラップ/作 絵 木坂 涼/訳 ひさかたチャイルド

『あめおじさん』 中学年向け

あめおじさんが外にでるとかならず雨がふります。だから、遠足前の子どもたちも、お洗濯がしたいご近所の奥さんも、ビルの窓ふき職人さんも、みんなこう言います。「あしたいっぽもそとにでないでください! あさってだったら、いいですよー」。だからあめおじさんは、雨がふらないように、一歩も外に出ない日々が続いていました。みんなには感謝されていましたが、あめおじさんは、いつも 少しさびしそうでした。

にしい あきのり/さく え 文芸社


お問い合わせ

生涯学習部 図書館

千葉県松戸市松戸2060番地
電話番号:047-365-5115 FAX:047-361-3770

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市立図書館

教育委員会 生涯学習部 図書館
住所:〒271-0092 千葉県松戸市松戸2060番地 
電話:047-365-5115 
FAX:047-361-3770
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る