このページの先頭です
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市教育委員会
サイトメニューここまで

松戸市適応指導教室

更新日:2020年8月27日

教育研究所古ケ崎分室(教育相談・適応指導教室「ふれあい学級」)

場所

旧松戸市立古ケ崎南小学校(松戸市古ヶ崎1の3073)内

松戸市適応指導教室進路説明会のお知らせ

日時 

令和2年10月2日(金曜日)午後1時15分から午後3時50分

場所 

松戸市勤労会館 松戸市根本8の11

内容

適応指導教室進路説明会のお知らせについてはPDFをご確認ください。
感染対策チェック一覧については当日ご記入のうえご持参ください。

教育相談

  • 教育研究所に寄せられた相談のうち、主に不登校に関する相談(継続相談)を行います。
  • 利用するには、教育研究所で初回の面接(受理面接)を受ける必要があります。(詳しくは下記リンク先をクリックしてください)
  • 適応指導教室と併設することによって連携を強化します。状況により、適応指導教室「ふれあい学級」入級の手配をします。

対象者

  • 市内在住の小中学生及び保護者
  • 教職員

申し込み方法及び相談手順

1.申し込み(随時)

【教育研究所】相談申し込み専用電話番号:047-366-7600
電話でお申し込みください。初回の面接(受理面接)の日時を決定します。
 月曜から金曜日:8時30分から17時まで(土曜・日曜、祝休日を除く)受け付けています。
 ※電話による相談は行っていませんのでご承知おきください。

2.受理面談 教育研究所の受理面談担当が、相談内容を確認します。
 保護者の方のみとの面談になります。
 母子手帳を持参していただくと書類の記入が楽になります。(母子手帳の持参をお勧めしています。)
3.担当相談員決定 受理面談の結果により、担当の相談員を決定します。
 担当となった相談員が、今後の相談(継続相談)について、相談者に連絡します。
4.継続相談 月曜から金曜日:9時30分から15時30分まで
 何回でも相談できます。
 小・中学校の先生方のご相談にも応じています。
 教育相談の状況により、松戸市適応指導教室「ふれあい学級」入級の手配をします。
 相談方法:面接・心理療法

松戸市適応指導教室「ふれあい学級」

適応指導教室の見出し

「ふれあい学級」は、さまざまな活動や人と人とのふれあいを通して、生きる力を育てています。

「不登校」で悩む市内の児童・生徒を対象に、学校復帰をめざして支援を行う教室です。
「ふれあい学級」では、6名の指導員と3名の学習指導支援スタッフが児童・生徒の指導にあたっています。
ここを利用するには、まず、教育研究所で受理面談を受ける必要があります。
その後、古ケ崎分室での継続相談、仮通級、入級判定を経て正式入級となります。

開級日

月曜日から金曜日(祝日は休業)

開級時間

9時30分から14時5分まで(児童生徒の個々の実態に応じて柔軟に対応していきます。)

学習活動

一人一人が自分で計画をたてて学習する内容を決めて自主的に学習したり、教科の一斉指導を受けたりします。

表現活動

音楽に親しんだり絵を描いたり工作をしたり、作文を書いたりする時間です。

グループ活動

集団を通してお互いのふれあいを深める時間です。

学級行事

様々な体験をすることにより、自主性や自立心を育てていきます。

古ケ崎分室配置図

古ケ崎分室案内図

古ケ崎分室(旧松戸市立古ケ崎南小学校)地図

古ケ崎分室(旧松戸市立古ケ崎南小学校)への詳細

旧古ケ崎南小学校(松戸市古ヶ崎1の3073)の地図

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

学校教育部 教育研究所

千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル4階
電話番号:047-366-7461 FAX:047-361-6511

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市教育委員会

松戸市教育委員会 生涯学習部 教育企画課
住所:〒271-8588 松戸市根本356番地 
電話:047-366-7455 
FAX:047-368-6506
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る