このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和2年度「松戸市デジタル消費生活パネル展」の開催について

更新日:2020年10月6日

まつまつの画像

消費生活に関する様々な情報を提供するとともに、消費生活団体等の日頃の研究成果を発表する場として開催いたします。
これからご紹介するパネルは、10月6日(火曜)から16日(金曜)にかけて開催する「消費生活パネル展」に展示しているパネルです。
出展団体の担当者からのコメントもありますので、是非ご覧ください!
 

開催概要

日時

令和2年10月6日(火曜)から当面の間

展示団体及び各団体のテーマ

パネルの解説や団体の活動状況なども掲載します!

団体名テーマ
生活クラブ生活協同組合・松戸プリムラの会暮らし方を変えて持続可能社会へ

NPO法人せっけんの街

雨水を貯めて活用しよう!!

松戸市消費者の会海洋プラスチックごみを減らそう
まつど地域活躍塾つながりの会SDGsを一緒に学びませんか?
松戸市立松戸高等学校ホームプロジェクト部高校生の好きな食物とPFC比率
千葉県立小金高等学校生物部ホタルの保護で地域環境を考える
松戸検察審査協会市民が参加する検察審査会制度
NPO法人松戸エコマネー「アウル」の会廃食用油の年度別回収量
食の安全安心を考える市民の会松戸で採れた旬の野菜を食べよう
生活協同組合コープみらい千葉県本部知ってる?エシカル消費
NPO法人すまいの応援団命と資産を守るぞ!
RKUファイヤーファイターズ今からできる準備を!
認定NPO法人東葛市民後見人の会松戸支部市民が市民を支える社会をめざす
聖徳大学児童学科祓川ゼミ松戸市食育かるたを制作!!
松戸市消費生活モニターエシカル消費をしましょう!
松戸市消費生活課(市場班)卸売市場ってどんなところ?
松戸市消費生活センター若者向け消費者情報及びセンターの紹介

ご覧になりたい出展団体のパネルにリンクします!

生活クラブ生活協同組合・松戸プリムラの会

団体担当者からのコメント!

昨年の消費生活展では、SDGs(国際目標『持続可能な開発のための2030アジェンダ』)について学び、展示しました。それを受けて、今年もSDGsの目標達成のために、日々の消費生活の中で、私たちができることを考えてみました。生活クラブ生活協同組合では、できることから始めて、SDGsをめざします。

NPO法人せっけんの街

団体担当者からのコメント!

都市化により土地は保水力を失い、雨が降れば一気に増水し、降らなければ乾燥し、水不足・ヒートアイランド化します。雨水タンクを設置することで、河川の急激な増水を軽減し、水循環を少しでも取り戻していきましょう。

松戸市消費者の会

団体担当者からのコメント!

レジ袋の無料配布禁止となったが、廃プラの極わずかに過ぎない。
海洋プラごみの回収は困難。
プラごみの削減、そして海洋プラごみを出さないために、私たちにできること、

  • 3R
  • プラ容器入りのものを買わない→プラ製品の生産の減少
  • 廃棄する時は回収ボックスへ→リサイクル

まずは、マイバッグ・マイボトルから始めよう

まつど地域活躍塾つながりの会

団体担当者からのコメント!

2030へ、SDGsをみんなで!
あなたのボランティア活動や日ごろの行動意識がSDGsとつながっています。
展示パネルには、つながりの会メンバーのボランティア活動とSDGsの目標とのつながり事例を紹介しています。
あなたの活動や行動意識が、SDGsのどの目標とつながっているか考えてみませんか?

松戸市立松戸高等学校ホームプロジェクト部

団体担当者からのコメント!

高校生の好きな食物とPFC比率
流行に敏感な高校生の好きな食べ物は何か?
また栄養を考えて食事を楽しむことができているのか気になったので調べました。
高校生の好きな食べ物のランキングのうち特に人気のあった、ファーストフード、ラーメンのエネルギー比率を調べてみると、脂質が適正比率を大幅にオーバーしていることが分かりました。
1日トータルで理想的なエネルギー比率を考えることが大切ですが、1食あたりで計算することで、脂質由来によるエネルギー摂取が多いことに気がつけました。
今後もよく食べる食品のエネルギー比率を計算して調べ、1日トータルで適正比率に収まるように食べる物を意識してみようと思いました。

千葉県立小金高等学校生物部

団体担当者からのコメント!

小金高校では、校内にあるビオトープではホタルの保護と人工飼育をしています。
その活動を通し、SDGsの考えをもとにして環境保全と地域産業の発展のバランスについて 考察し、様々なところで発信をしています。

松戸検察審査協会

団体担当者からのコメント!

市民が参加する司法制度
市民が参加する司法制度として、検察審査会制度と裁判員制度があります。
検察審査会は、国民の中からくじで選ばれた検察審査会が、不起訴処分の是非を判断します。
裁判員制度は、国民の中からくじで選ばれた裁判員が、裁判官と共に刑事裁判に参加して、有罪か無罪かの判断や、量刑を決定します。

NPO法人松戸エコマネー「アウル」の会

団体担当者からのコメント!

廃食用油がバイオディーゼル燃料へ
家庭から出る廃食油を21か所あるどこかの回収拠点に持参してもらい、株式会社BDF社が1か月に1度回収拠点を回って集荷しています。捨ててしまう油がバイオディーゼル燃料になり資源の有効利用に寄与しています。
加えて地域商業活動促進を目的として、廃油を持参してくれた人に地域通貨のアウル券を廃油500CC につき10アウル(円換算で1枚10円)を配布し、この運動に賛同する45か所の協賛店で使用できるようにしています。
アウルの会は皆様のご協力で活動しています。

食の安全安心を考える市民の会

団体担当者からのコメント!

松戸で取れた旬の野菜を食べよう
地産地消という言葉を知っていますか?地産地消とは、地域で生産された農産物や水産物をその地域で消費することです。
食べ物を栄養価が高いうちに食べられるだけでなく、地球にも優しいという利点があります。
松戸のおいしい食材をぜひ家庭で楽しみましょう。

生活協同組合コープみらい千葉県本部

団体担当者からのコメント!

私たちの買い物で変えられる未来
コープみらいでは、「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ。」をめざし、地域から求められていることや組合員一人ひとりの願いを実現するため、地域社会とくらしに関わるさまざまな取り組みを行っています。
今回は、昨年同様「エシカル消費の大切さ」についてわかりやすく紹介します。

NPO法人すまいの応援団

団体担当者からのコメント!

命と資産を守るぞ! 自然災害は、防ぎようがありません。
起きる度に、死者・行方不明者数や建物の被害が報道されます。他人事ではありません。
自分も家族も知人も死んで欲しくありません。
折角の資産も消失させたくないはずです。悲しみを減らしましょう。

RKUファイヤーファイターズ

今からでも間に合う災害対策
YahooやGoogleなどが災害時にとても役立つ情報を提供しています。それらや食料・飲料などを備蓄した防災バッグを活用して、災害に対してしっかり対策していきましょう。

認定NPO法人東葛市民後見人の会松戸支部

団体担当者からのコメント!

市民が市民を支える社会をめざします!
成年後見制度の普及・啓発・利用促進活動を通し、判断能力が不十分な方が自分らしく生きるために財産管理や身上保護を支え、安心して生活ができるよう支援しています。
障がい者や高齢者が詐欺被害や悪徳商法にあわないよう見守りも行います。
相談会(無料)も開催しておりますので、お気軽にご相談ください!

聖徳大学児童学科祓川ゼミ

団体担当者からのコメント!

松戸市役所との共同で、「食育かるた ぱくぱく家族」を制作しましたので、その概要をパネルで説明しています。
大人も子どもも楽しめるように作りましたので、ぜひ沢山の方に遊んでいただきたいです。

松戸市消費生活モニター

消費生活モニターからのコメント!

「エシカル消費」って初めて聞く人も多いと思います。私たち、消費生活モニターも初めて聞いた人が多く、このパネルを作成するまで定義もわかりませんでした。
しかし、エシカル消費について勉強していくと、実際の生活の中で、身近に実践できるものがあるとわかりました!
そこで、私たち消費生活モニターが行っている、または実践したいエシカル消費について考えてみました。

  • プラスチックごみ(小さなビニール袋もリサイクルする!)を減らす
  • 地産地消の商品を買う
  • エアコンの温度は、夏はなるべく高めに、冬は低めに。
  • 生ごみのコンポスト化
  • フェアトレード商品を購入する
  • 有機商品の購入割合を増やす
  • 化学洗剤無しの生活
  • レインフォレスト認証マークの紅茶を購入する
  • エシカルな商品を購入し、エコ意識を高めていきたい
  • 食品ロスを減らす

松戸市消費生活課(市場班)

消費生活課(市場班)からのコメント!

南部市場を知っていますか?
卸売市場は日本全国にたくさんありますが、松戸市にも南部市場があることを知っていますか?
ここでは、野菜や果物の取引を行っており、スーパーやレストラン等を通して皆さんのもとへ届けられています。
また、同じ敷地内には水産棟や食品棟があり、買い物や食事等が楽しめますので、ぜひご来場ください。

松戸市消費生活センター(若者向け)

消費生活センターからのコメント!

消費生活センターに寄せられる若者からの相談が増えています!
また、成年年齢引き下げに伴い、今後も若者からの消費者トラブルが増えていくことが予想されます。
消費生活センターでは、若者向けのTwitter(よくカンガェルー)を始めました。
若者に多い消費者トラブル事例、イベント情報、講座の案内や成年年齢引き下げに伴う消費者情報を配信します。
若者はもちろん、保護者や学校の先生もぜひご覧ください!

松戸市消費生活センター

消費生活センターからのコメント!

消費生活相談は、平日8時30分から16時まで受け付けております。
また、無料でご希望の会場に講師を派遣する出前講座(シルバー消費者教室、暮らしのいきいき講座)や、市民向け消費者教室などイベントも開催しております。
消費生活センターでは消費者トラブルを未然に防止するため、様々な消費者情報を発信しております。
消費生活センター公式Twitterなどもぜひご覧ください!

お問い合わせ

経済振興部 消費生活課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル5階
電話番号:047-366-7329 FAX:047-365-9606

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで