このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

松戸市空家活用モデル事業の実施について(募集期間を延長いたします)

更新日:2018年8月1日

1.事業の目的

 近年、全国的に適切な管理が行われていない空家等が、防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼし、さらにはまちの活力低下に繋がるなど、空家等の適正管理が問題となっております。
 そのため松戸市では、平成29年3月に松戸市空家等対策計画を策定しました。この計画では、安全かつ安心して暮らすことができる生活環境を確保するとともに、誰もが住みたいと思う賑わいのあるまちづくりを基本理念とし、空家化の予防・発生の抑制、空家等の適正管理の促進、空家等の利活用の促進、管理不全な空家等の解消、跡地の利活用の促進、推進体制の強化の6つの施策方針を柱として取り組んでいるところです。
 松戸市空家活用モデル事業は、6つの施策方針の中の空家等の利活用の促進の取り組みの一つであり、空家の多様な活用を進めるため、地域のまちづくりに資するような空家の利活用を行う所有者や利用者等に対して、空家の物件にかかる改修費等に対して、補助金を交付するものです。
 今後の空家活用モデルとして先進的な事例となる用途で、地域活性化のために利活用されるものを選定しますので、皆様からの新たな発想での空家に関する 活用提案をお待ちしております。
 詳しい内容は、募集要領をご覧ください。

2.事業スケジュール

【応募期間】平成30年5月1日(火曜)から9月28日(金曜)まで
【書類審査】平成30年10月上旬
【補助決定】平成30年10月中旬(補助決定後に工事着手)
【工事完了】平成31年2月28日(木曜)まで(工事完了報告後に補助金交付) 
※工期延長は認めません

3.応募対象者

次のいずれにも該当する個人、法人及びその他の団体又はその連合体とします。

  1. 空家等の物件所有者、空家等の利用者又は空家等を所有者から借り受けて利用する者(サブリース)
  2. 松戸市暴力団排除条例(平成24年松戸市条例第2号)第2条第3号に規定する暴力団員等でないこと。
  3. 市税の滞納がないこと。
  4. ホームページへの掲載等、市の広報において事例として紹介することについて空家等の所有者が了承していること。
  5. 空家活用モデル事業開始後、5年以上継続して事業を実施する予定であること。

4.応募対象建築物

  1. 次のいずれにも該当する松戸市内に所在する一戸建ての住宅、共同住宅(全戸空室が条件)又は店舗併用住宅で、居住その他の使用がなされていないこと。
  2. 建築基準法(昭和25年法律第201号)その他関係法令の基準に適合していること。
  3. 過去に国又はは地方公共団体の補助金の交付を受けていない建築物であること。
  4. 昭和56年5月31日以前に建築され、現行の建築基準法に規定されている耐震基準を満たしていない建築物については、建築士の設計及び監理により、耐震性能を向上させる工事を行うこと。

5.応募対象用途

空家等の改修後に、地域活性化のための計画的利用に供していただくことが必要です。

【想定される用途】

  1. 地域の集会所
  2. 地域の活動拠点
  3. 芸術創作等の活動拠点
  4. 起業家の育成施設等
  5. 高齢者の憩いの場
  6. 異文化交流活動拠点
  7. 外国人留学生のシェアハウスなど

※建築基準法その他の関係法令の規制により改修後の用途が限定される場合があります。
※用途変更等関係法令に係る手続きが必要となる場合がありますので、事前に建築審査課及び関係部局と協議すること。

6.応募対象モデル事業

リノベーション型とDIY活用型の2つのモデル事業を募集します。

【リノベーション型】
大規模な改修工事を請負契約により行うもので、その建築物の性能又は機能を向上させ、付加価値を与えるもの

【DIY活用型】
改修工事の一部又は全部を請負契約によらないで応募者自らが行うもので、その建築物の機能を向上させ、付加価値を与えるもの

7.補助対象工事等

【補助対象となる工事等】
リノベーション型とDIY活用型の補助対象工事は、次のとおりです。なお、DIY活用型では、応募対象者自らが工事を行った部分については、材料費のみが対象となります。

  1. 空家の改修に係る工事
  2. 空家の改修に係る設計・監理

※応募対象建築物の耐震性の向上に係る改修工事及び設計・監理に要する費用も対象となります。
※残存する家財の撤去に係る経費についても工事とは別に補助します。

【補助対象とならない工事等】

  1. 家具(造り付け家具を除く。)、備品等の購入及び設置に係るもの。
  2. 下水道接続に係る工事
  3. 土地の購入に係る経費
  4. 工事用の機械又は器具の購入
  5. 補助対象となる工事と直接関係がないと認められる工事

8.補助金の額

【リノベーション型】
上限100万円 補助対象経費の2分の1以内

【DIY活用型】
上限50万円 補助対象経費の2分の1以内

※上記の補助金に併せて、空家等に残存する家財の撤去に係る経費を加算します。    
上限5万円  撤去相当額分

9.予定件数

【リノベーション型】
1件程度、1件につき105万円

【DIY活用型】   
2件程度、1件につき55万円

※計3件程度(予算の範囲内で執行します。)

10.完了期限

平成31年2月28日(木曜)までに完了すること

11.応募手続きについて

応募に関しては、必ず応募期間中の9月14日(金曜)までに住宅政策課空家活用推進室に事前相談をお願いします。その際に提出予定の書類をご持参ください。
【応募書類】
1.補助金交付申請書(第1号様式)
2.事業提案書

  • 空家物件概要(間取り図等は別紙可)
  • 活動実績(予定を含む)
    ※法人の場合は、履歴事項全部証明書を添付してください。
  • 事業計画
  • 補助対象工事内訳書(見積書添付)
  • 改修前写真(改修後を想定したもの)
  • 改修・運営スケジュール(任意様式)
  • 提案図面(任意様式)
    ※提案図面には、具体的な改修内容を記載してください。

3.収支予算書
4.市税を滞納していないことを証明する書類(物件所有者・事業者等)
5.誓約書
6.同意書(物件所有者)
7.公図・登記事項証明書(土地・建物)
8.案内図(任意様式)
9.その他市長が必要と認める書類
※応募書類の作成は、必要に応じて図表等を活用し、具体的かつ簡潔に記載してください。また、作成書類はA4を原則としてください。

応募書類の提出期限

平成30年9月28日(金曜)午後5時まで

提出方法

応募書類一式を、住宅政策課空家活用推進室まで持参してください。

提出部数

応募書類一式 2部(正本1部、コピー1部)

12.質疑について

 応募に際して質疑が生じた場合は、9月14日(金曜)午後5時までに、質問事項・氏名・連絡先を記載の上、E-mail(mcjuutaku@city.matsudo.chiba.jp)住宅政策課 空家活用推進室宛に送付してください。

13.審査基準について

 以下の視点により総合的に評価の上、決定します。

  1. 実施主体の適格性
  2. 事業の実現性・継続性
  3. 地域との連携・貢献

※必要に応じ、資料の追加提出やヒアリングをお願いする場合があります。

14.決定について

 審査結果に基づき補助金の交付を決定します。なお、結果については、決定・却下を問わず、メール又は郵送にて通知します。

15.事業決定から完了までに提出が必要な書類

  1. 補助金実績報告書(第4号様式)
  2. 改修工事・材料費に係る請求書の写し
  3. 改修工事・材料費に係る領収書の写し
  4. 家財の撤去に係る請求書の写し(内訳がわかるもの)
  5. 家財の撤去に係る領収書の写し
  6. 工事部位の改修後の写真
  7. 改修後の建物の使用権原を有する書類(賃貸借契約書等)
  8. 債権者登録申出書(銀行等補助金交付先口座情報)
  9. 補助金交付請求書(第6号様式)

※必要に応じ、上記提出書類以外の書類等を確認させていただく事がありますので、あらかじめご了承ください。

16.現地調査等

 補助事業の適正な執行を確保するために、必要な限度において、補助金の交付決定者に対して書類の提出・報告を求める場合や必要な調査を行う場合があります。

17.その他の留意事項

  1. 申請書類の作成及び提出に要する費用は、応募者側の負担とします。
  2. 申請書類に虚偽の記載をした場合には、提出された申請書類を無効とします。
  3. 募集要領に示された要件に適合しない場合は無効となります。
  4. 提出された申請書類は返却しませんのでご了承ください。
  5. 決定者は、次年度以降に市が行う空家活用の取組みの中で、市の広報誌・HPへの掲載や写真提供等の対応等、モデル事業者としてご協力いただく場合があります。

要綱及び申請書等のダウンロード

松戸市空家活用モデル事業募集要領及び提案書等のダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

街づくり部 住宅政策課 空家活用推進室
千葉県松戸市根本387番地の5 新館8階
電話番号:047-366-7366 FAX:047-366-2073

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る