このページの先頭です
このページの本文へ移動

災害時のペット対策について

更新日:2020年10月9日

災害時のペット対策とは

  • 災害が起きてしまったら、まずは自分の安全確保をしましょう。飼い主が無事でないとペットを守ることができません。日ごろから、いざという時のために準備しておきましょう。
  • 避難が必要な時は、ペットとの同行避難が原則となります。
  • 避難所では動物が苦手な人や、アレルギーのある人など、様々な人との共同生活となるため、 ペットは人の居住スペースから離れた、決まった場所でケージにいれて飼養することになります。

健康管理としつけ

避難所での生活は、ペットにとっても大きなストレスになります。慣れない避難所で、ペットが興奮しないよう、日ごろからのしつけが大切です。予防接種や寄生虫(ノミ、ダニ)の駆除をしっかり行いましょう。

しつけの一例

  • 無駄吠えしない
  • ケージなどに嫌がらずに入る
  • トイレを決められた場所でする

防災用品の準備

避難所にはペット用品はありませんので、各自用意しましょう。

  • フードや水
  • ケージ、首輪、リード
  • トイレ用品、薬
  • 動物の情報(写真や健康手帳)
    など

迷子になったときのために

突然の災害に、ペットが驚いて逃げてしまうこともあります。身元が分かるようにしておきましょう。

  • 犬鑑札
  • 狂犬病注射済票
  • マイクロチップの装着

避難場所

風水害時の避難所開設方針について

上記リンクにて、ペット同行避難所をご確認ください。

パンフレット

災害時のペット対策について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

環境部 環境保全課 環境衛生係

千葉県松戸市根本387番地の5 新館6階
電話番号:047-366-7336 FAX:047-366-1325

本文ここまで