このページの先頭です
このページの本文へ移動

入院したときの食事代

更新日:2018年5月2日

入院時食事療養費の支給

 入院中の1食の食事にかかる費用のうち、被保険者には、決められた額を負担していただき、残りを国保が負担します。

入院時の食事代の標準負担額
要件・対象 0歳から69歳の被保険者 70歳以上の被保険者
1.一般(下記2・3以外の人)(注釈1)

460円

460円
2.住民税非課税世帯(注釈2) 90日以下の入院(過去12か月の入院日数) 210円 210円
90日を超える入院(過去12か月の入院日数)(注釈3) 160円 160円
3.住民税非課税世帯のうち、所得が一定基準に満たない人(注釈2) 100円

(注釈1)一般所得の人でも、指定難病患者や小児特定疾病児童、継続的に精神病床に入院している場合、1食につき260円となります。

(注釈2)上表2・3の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。国民健康保険課にて交付を受け、医療機関に提示してください。

(注釈3)すでに低所得2の限度額適用認定証を使用して、過去12か月の入院日数が90日を超える場合は、入院日数を確認できるもの(医療機関の領収書など)が必要です。

お問い合わせ

福祉長寿部 国民健康保険課

千葉県松戸市根本387番地の5 本館1階
電話番号:047-712-0141(国民健康保険課コールセンター) FAX:047-361-7016

本文ここまで