このページの先頭です
このページの本文へ移動

粗大ごみ等リユースモデル事業の実施事業者を募集します

更新日:2022年8月3日

概要

松戸市では、平成30年7月より「粗大ごみ等リユース実証事業」として、建設を進めていた松戸市リサイクルセンターにおいて障害者就労施設による粗大ごみ・不燃ごみの再生販売が可能かどうかの実証及び検討を行っており、市内で出された粗大ごみ等をごみとしてそのまま処理するのではなく、リユース(再使用)して再び市民の手へと渡る道筋を作ることで、一定のごみ減量・リユースの促進及び障害者への就労支援に繋げることができました。

本市より譲渡を受けた粗大ごみ等の清掃・補修・販売活動を引き続き市内の障害者就労施設が行うことにより、循環型社会の構築、さらには、障害者の就労支援事業並びにごみ減量・リユース事業のモデルともなり得ることから、令和4年7月にリサイクルセンターの建設工事がしゅん工し、同センター内に搬入される粗大ごみ等のリユースに市が取り組むにあたり、包括的かつ多角的な「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて、環境と福祉が融合した取り組みとして同センター内の再生家具室を活用し、障害者の就労支援並びにごみ減量・リユースを促進することを目的として、本モデル事業の実施事業者を募集します。

募集内容

募集対象 

障害者総合支援法に基づく松戸市内の就労継続支援B型事業所を運営する法人で、リサイクルセンター内の再生家具室での清掃・補修・販売活動が可能、かつ、ごみの減量・リユースの促進に意欲のある事業者

募集事業者数

2事業者程度

募集期間

令和4年8月3日(水曜)から令和4年8月17日(水曜)〔必着〕

事業内容       

  • リユース可能品の無償譲渡(週1回程度を想定)
  • 状態確認、重量計測(週1回程度を想定)
  • 清掃・補修(週1回程度を想定)
  • 販売(2週に1回程度を想定)
  • 報告(月に1回)

応募方法  

  1. 申込書(様式1)を直接または郵送により廃棄物対策課へ提出すること。
  2. 応募事業者が多数の場合は市の担当者によるヒアリングを行い、事業を安定的に実施可能と判断される事業者を選定する(ヒアリングの日程については別途調整)。
  3. 選定結果については、令和4年8月26日(金曜)までに、廃棄物対策課から応募事業者へ書面で通知する。

留意事項

  • 本事業で無償譲渡したリユース可能品の取り扱いについては、実施事業者がそれぞれの販売物に対する責任を負うものとする。
  • 本事業に係る経費は、リユース品の売上金をもって充てるものとし、リユース品の売上金から必要経費を除いた部分は、利用者に工賃として支払うこと。
  • 複数の事業者が選定された場合において、清掃・補修の作業頻度及び販売機会、売上金の割り振りに関して公正・公平になるよう、実施事業者間で事前に協議・調整をした上で事業を実施すること。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

環境部 廃棄物対策課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館6階
電話番号:047-704-2010 FAX:047-366-8114

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

情報が見つからないときは

English(英語)

中文(中国語)

한국 (韓国語)

Tiếng Việt (ベトナム語)

Español (スペイン語)

Português (ポルトガル語)

サブナビゲーションここまで