このページの先頭です
このページの本文へ移動

市内障害者就労施設が東松戸病院内売店「憩いの場 くれよん」を運営しています

更新日:2020年3月3日

 平成27年4月1日より、障害者就労施設である社会福祉法人松里福祉会 ここらぼ まつさと(旧施設名:松里福祉作業所)にて松戸市立福祉医療センター東松戸病院内売店の運営を開始しました。
 売店は「ここらぼ まつさと」及び「豆のちから」の2施設共同にて販売業務を行なっており、従来販売していた商品に加え、障害者就労施設で作られた食品(とうふ、あられやお煎餅、洋菓子等)や刺し子ふきん等の雑貨を販売しています。
 売店前の休憩スペースでは施設に通う方による作品展示も行なっておりますので、東松戸病院へお越しの際には、ぜひ「憩いの場 くれよん」へお立ち寄りください。


差し棒を持つまつまつの画像

平成27年7月1日にリニューアルオープンし、「憩いの場 くれよん」として運営しています。”くれよん”とは、様々な特色のある人が働き・集まる売店を色としてイメージした名称です。

売店について

松戸市内11ヶ所の各施設で製作した商品の販売も実施しております。

営業時間

月曜から金曜:9時から16時30分まで
土曜:10時30分から16時まで

場所

東松戸病院4号館 1階
(住所:松戸市高塚新田123番地13)

作品展示について

松戸市内5施設による作品展示を実施しております。

展示期間

令和2年3月1日から4月30日(展示作品一覧(PDF:1,134KB))
※令和2年5月7日以降に作品の内容が新しくなります。
※作品について、購入希望の方は各施設へ直接ご連絡いただきますようお願いします。

展示場所

売店前休憩スペース(東松戸病院4号館 1階)

「松戸市立福祉医療センター東松戸病院」における共同受注モデル事業について

 松戸市では、松戸市立福祉医療センター東松戸病院が福祉医療センターとして地域の人々の健康と福祉に寄与するという観点から「障害者優先調達推進法」に基づく障害者就労施設等からの物品等の調達を推進するため、病院内の洗濯業務及び売店業務について松戸市内の障害者就労施設2事業所を対象に「共同受注」モデル事業として取り組んでいます。
事業の経過や実施状況等の検証を行い、今後の方向性や課題について取りまとめを行いました。

検証内容

  1. 対象期間
    平成27年4月1日から平成28年3月31日
  2. 方法
    (1)アンケート調査
    (2)ヒアリング
    (3)検討会での検証
  3. 検証項目
    (1)工賃向上に寄与したか
    (2)役務提供として顧客の要求する品質・コミュニケーション・スピードで実施できていたか
    (3)共同で業務を実施することで、メリットを生み出したか
    (4)無理なく持続可能な運営体制で運営できているか
    (5)障害のある方への理解促進

実施状況や検証結果等については「事業報告書」を参照ください。

話しかけるまつまつの画像

共同受注とは、障害者就労施設等において、障害のある方の通う人数や事業所の規模等の理由により、1事業所では請けることのできない仕事に対して、2つ以上の事業所が共同で受注するための仕組みのことです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

福祉長寿部 障害福祉課

千葉県松戸市根本387番地の5 新館3階
電話番号:047-366-7348 FAX:047-366-7613

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで