このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

住居確保給付金事業

更新日:2018年4月1日

離職等の理由で就職活動中の方に、家賃相当額を支給します。

離職または自営業の廃止により、経済的に困窮し、住居を喪失した方または喪失するおそれのある方を対象に、家賃相当分の給付金を支給します。また、松戸市自立相談支援センターによる就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行います。

支給額

家賃相当額(共益費・管理費等は含まない)を松戸市役所生活支援一課から大家等に直接振り込みます。

ただし、世帯人数に応じて表1(支給上限額一覧)のとおり上限額があります。
また、収入によって一部支給となる場合があります。

表1(支給上限額一覧)
世帯人数

支給上限額

単身世帯 46,000円
2人世帯 55,000円
3人から5人世帯 59,800円
6人世帯 64,000円
7人以上世帯 71,800円

支給期間

3ヶ月間(一定の条件により3ヶ月間の延長及び再延長が可能。最長9ヶ月間)。

支給対象者

申請時に以下の1から8のいずれにも該当する方が支給対象となります。

  1. 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者又は住居喪失のおそれがある。
  2. 申請日において、65歳未満であって、かつ、離職等の日から2年以内である。
  3. 離職等の前に、主たる生計維持者であった(離職前には主たる生計維持者でなかったが、その後離婚等により、申請時には主たる生計維持者となっている場合も含む)。
  4. 申請日の属する月の、申請者及び申請者と同一世帯に属する者の収入合計額が表2(収入要件)の金額以下である(収入には児童扶養手当や児童手当等の公的給付を含む)。
  5. 申請日において、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産の合計額が表3(資産要件)の金額以下である。
  6. ハローワークに求職の申込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと。
  7. 国の雇用施策による貸付(職業訓練受講給付金)及び地方自治体等が実施する類似の給付等を申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと。
  8. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員でないこと。
表2(収入要件)

世帯人数

基準額

 収入基準額
(家賃が上限額の場合)

1人 8.4万円 13.0万円
2人 13.0万円 18.5万円
3人 17.2万円 23.18万円
4人 21.4万円 27.38万円
5人 25.5万円 31.48万円

上記に加えて家賃額(ただし住居確保給付金基準額が上限額)

表3(資産要件)
世帯人数 金融資産
1人 50.4万円
2人 78万円
3人 100万円

3人世帯以上については、100万円を超えないものとする。

申請時に必要なもの

  1. 住居確保給付金申請書類一式(松戸市自立相談支援センターにあります)
  2. 本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・住民基本台帳カード・パスポート・各種福祉手帳・健康保険証・住民票・戸籍謄本の写しのいずれかで、写真がないものは2つ以上)
  3. 離職後2年以内のものであることが確認できる書類の写し(離職票、受給を終えた雇用保険受給資格者証等がない場合は、例えば、給与振込が一定の時期から途絶えている通帳の写しなど、離職者であることが確認できる何らかの書類)
  4. 申請者及び申請者と生計を一つにしている同居の親族のうち収入がある者について、収入が確認できる書類の写し(給与明細書、預貯金通帳の収入の振込の記帳ページ、雇用保険の失業給付金等を受けている場合は「雇用保険受給資格証明書」、年金を受けている場合は「年金手帳」、その他各種福祉手帳)
  5. 申請者及び申請者と生計を一つにしている同居の親族の金融機関の貯金通帳等の写し
  6. ハローワークの発行する「求職受付票(ハローワークカード)」の写し

住居確保給付金受給中の義務

  1. 支給期間中は、公共職業安定所の利用、松戸市自立相談支援センターの支援員の助言、その他様々な方法により、常用就職に向けた就職活動をおこなってください。
  2. 少なくとも毎月2回以上「職業相談確認票」を持参の上、公共職業安定所の職業相談を受ける必要があります。「職業相談確認票」に公共職業安定所担当者から相談日、担当者名、支援内容について記入を受けるとともに、公共職業安定所確認印を受けます。
  3. 毎月4回以上、松戸市自立相談支援センターの支援員等による面談等の支援を受ける必要があります。「職業相談確認票」を支援員へ提示して公共職業安定所における職業相談状況を報告するとともに、その他の就職活動の状況を「住居確保給付金常用就職活動報告書」を活用するなどの方法により、報告してください。
  4. 原則週1回以上、求人先への応募を行うか、求人先の面接を受ける必要があります。これは、公共職業安定所における活動に限ったものではないので、求人情報誌や新聞折り込み広告なども活用してください。月4回の支援員との面談の際に、「住居確保給付金常用就職活動状況報告書」に求人票や求人情報誌の該当部分を添付して、松戸市自立相談支援センターに報告してください。
  5. さらに、松戸市自立相談支援センターより支援計画(プラン)が策定された場合は、上記に加え、支援計画(プラン)に記載された就労支援(職業訓練や就労準備支援事業等)を受けてください。

住居確保給付金の申請は


松戸市自立相談支援センターが受付窓口となります。まずは一度ご相談ください。

住所:松戸市根本387番地の5 松戸市役所本館3階
電話:047-366-0077

※窓口の混雑を避けるため、なるべく来所前にお電話いただけますようご協力をお願いいたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉長寿部 生活支援一課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館3階
電話番号:047-366-7349 FAX:047-366-1143

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る