このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和元年台風第15号及び19号により被害を受けた方への支援金支給について(被災者生活再建支援制度・国制度)

更新日:2019年11月20日

 令和元年台風第15号及び台風第19号により被災され、居住する住居が全壊、または大規模半壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた世帯主に対して支援金を支給し、生活の再建を支援するものです。

対象

災害のあった日現在、松戸市内に居住の(住民登録のある)世帯で以下のいずれかの被害を受けた世帯主

  1. 居住する住宅が全壊した世帯
  2. 居住する住宅が大規模半壊した世帯
  3. 居住する住宅が半壊または敷地に被害が生じ、やむを得ない事由により住宅を解体した(する)世帯

罹災証明書(被害程度)

『全壊』、『大規模半壊』、『半壊』(半壊についてはやむを得ない事由により住宅を解体した(する)場合のみ)の判定を受けた罹災証明書が必要になります。

支給額

区分 基礎支援金 加算支援金 合計

複数世帯
(世帯の構成員
が2人以上)

全壊世帯
解体世帯

100万円 建設・購入 200万円 300万円
補修 100万円 200万円
賃借 50万円 150万円
大規模半壊世帯 50万円 建設・購入 200万円 250万円
補修 100万円 150万円
賃借 50万円 100万円

単数世帯
(世帯の構成員
が1人)

全壊世帯
解体世帯

75万円 建設・購入 150万円 225万円
補修 75万円 150万円
賃借 37.5万円 112.5万円

大規模半壊世帯

37.5万円 建設・購入 150万円 187.5万円
補修 75万円 112.5万円
賃借 37.5万円 75万円

支援金の支給額は、以下の2つの支援額の合計額となります。

  1. 住宅の被害程度に応じて支援する支援金(基礎支援金)
  2. 住宅の再建方法応じて支給する支援金(加算支援金)

必要書類

書類名 全壊 半壊解体 敷地被害解体 大規模半壊
基礎支援金 罹災証明書 必要 必要

必要

必要

解体証明書 不要

必要

必要

不要

滅失登記簿謄本

不要

必要

必要

不要

敷地被害証明書類

不要

不要

必要

不要

預金通帳の写し

必要

必要

必要

必要

加算支援金 契約書類等の写し

必要

必要

必要

必要

必要書式のダウンロード

申請期間

区分 基礎支援金 加算支援金
申請期間 災害のあった日から13ケ月の間 災害のあった日から37ケ月の間

詳細につきましては地域福祉課までお問合せください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ(外部サイト)

お問い合わせ

健康福祉部 地域福祉課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル6階
電話番号:047-366-3019 FAX:047-366-1392

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで