このページの先頭です
このページの本文へ移動

地域共生について考える講演会「すべての人に居場所と出番のある地域づくり」を開催しました

更新日:2018年8月9日

 平成30年7月20日金曜日午後2時より、松戸市民会館にて、地域共生や地域での居場所づくりについて考える講演会を開催いたしました。貧困問題、地域活性化など様々な分野での経験を持つ湯浅 誠氏(社会活動家、法政大学教授)の講演、そして、認知症カフェや子ども食堂など、松戸市内で地域づくりに携わる方々のシンポジウムを実施し、590名の方にご来場いただきました。ありがとうございました。

シンポジウム ~地域に居場所をつくろう!~

 シンポジストは「街カフェ~絆~」の小野 順子氏(小金地区社会福祉協議会 会長)、前田 貴子氏(小金高齢者いきいき安心センター 所長)、「ときわ平こども食堂」の小川 早苗氏(千葉西総合病院 渉外担当顧問) 、「おうちプロジェクト」の桑田 良子氏(中核地域生活支援センター ほっとねっと)、コメンテーターは湯浅 誠氏です。
 松戸市内で地域の居場所づくりに携わっている方々です。それぞれのお立場で、立ち上げの経緯や苦労したこと、地域とのかかわり、思いなどのお話がありました。
 各団体の発表資料もぜひご覧ください。

講演 すべての人に居場所と出番のある地域づくり 

 社会活動家で法政大学現代福祉学部教授の湯浅 誠 氏より講演。人と人がふれあう、優しくてあたたかいにぎわいを地域につくること、にぎわいからこぼれない地域をつくるには、そこにいるだけで支援になるなど、様々なお話がありました。参加者の皆さまからは、「自分にもできることはあるという気持ちになった。」など、多くの反響をいただきました。 

お問い合わせ

福祉長寿部 高齢者支援課

千葉県松戸市根本387番地の5 本館1階
電話番号:047-366-7346 FAX:047-366-0991

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで