このページの先頭です
このページの本文へ移動

特別定額給付金の申請・受給の代理について

更新日:2020年5月29日

申請・受給対象者本人による特別定額給付金の申請・受給が困難な場合、対象者本人に代わり、給付金の代理申請・受給が認められています。
他者によるなりすましなどの不適正な行為を防ぐため、代理申請・受給ができる者の範囲は、以下のとおりとなっております。

代理申請・受給ができる者の範囲

  1. 令和2年4月27日時点での申請・受給対象者の属する世帯の世帯構成者
  2. 法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理権付与の審判がなされた補助人など)
  3. 親族その他の平素から申請・受給対象者本人の身の回りの世話をしている者等で松戸市が特に認める者

想定される任意代理

申請・受給対象者本人による申請・受給が困難な場合で、かつ、代理が当該支給対象者のためであると認められる場合の任意代理としては、以下のような場合が想定されます。

単身世帯で寝たきりの者や認知症の者など

民生委員、自治会長、親類の者その他平素から世帯主本人の身の回りの世話をしている者について、代理申請・受給が適当であると松戸市が特に認める場合の当該者

老人福祉施設、児童養護施設・乳児院等及び知的・精神障害者施設に入所している者

施設の職員

里親制度を利用している里子で、里親の住所地に単身世帯として住民登録されている者

里親

配偶者からの暴力を受けているDV被害者

民間支援団体

留置施設・刑事施設に留置・収容されている未決拘禁者

弁護士

代理人の本人確認及び本人と代理申請する者との間の代理関係の確認

  • 代理人が給付金の受給の申請をするときは、当該代理人は申請書に加え、原則として委任状(申請書の委任欄への記載を含む。)を提出する必要があります。
  • 代理申請(受給)を行う場合は、申請・受給者の本人確認書類の写しに加えて、代理人の本人確認書類の写しと、申請・受給者本人と代理人の関係がわかる書類の写しも添付してください。
  • 法定代理人が申請する場合は、法定代理人の資格を証明する書類(登記事項証明書など)が必要になります。

代理人の本人確認ができなかった場合又は本人と代理申請・受給する者との間の代理関係を確認できなかった場合には、申請は受け付けることができません。ご注意ください。

関連リンク

特別定額給付金について

特別定額給付金についてのよくある質問(Q&A)

お問い合わせ

市民部 市民自治課 特別定額給付金担当室

千葉県松戸市根本387番地の5 新館7階
電話番号:0120-415-111

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症の関連情報

お気に入り

編集

よくある質問FAQ

Language

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで