このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

羽田再拡張事業に関する協議について

更新日:2017年8月2日

羽田再拡張事業に関する協議について

羽田再拡張事業に関する諸課題を解決するため、県及び関係25市町(松戸市含む)は、国土交通省と定期的に協議を行っています。

羽田再拡張事業の概要

羽田空港では、新滑走路(D滑走路)の増設や国際線地区の整備を進めており、平成22年10月21日に供用開始されました。これに伴い、飛行ルートが変更になるとともに、羽田空港の発着容量は昼間時間帯(6時から23時)で、年間約30.3万回から徐々に増えることになり、最終的に、平成26年3月30日以降年間約44.7万回になりました。
なお、再拡張前も本市上空を飛行しておりますが、再拡張後は気象条件によって今までと異なる地域上空に航空機が飛行することとなりました。
再拡張事業の状況については、国土交通省東京空港整備事務所のホームページ(外部サイト)をご覧下さい。

再拡張後の本市上空の飛行ルート

出発機は、本市の中心部付近を南から北に飛行する場合と、西に転進する際に一部が市の南部付近を飛行する場合があります。市上空へ入域する高度は概ね10,000フィート(約3,000メートル)以上となっています。
到着機は、南風悪天時に本市上空を北東から南西に概ね5,000フィート(約1,500メートル)から降下する状況となっており、その想定運用比率は3%となっています。

なお、23時から翌6時までの深夜早朝時間帯は、6,000フィート(約1,800メートル)以下では千葉県上空を飛行しない海上ルートが設定されています。

再拡張後の詳細な飛行ルートについては、国土交通省のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

飛行ルート設定の考え方

国土交通省では、他の空港等を利用する航空機の運航を妨げないように設定されている空域において、安全かつ効率的な交通流を形成することが飛行ルート設定における基本要件とされています。これに加え以下の考え方を反映させ、国土交通省により飛行経路が設定されております。

  • できる限り経路を海上に設定することによって、陸上部への影響を軽減すること。
  • 経路を分散させること
  • 陸上部を経路とする場合は、着陸機の降下開始高度を航空機の安全運行を妨げない範囲で引き上げること

松戸市の対応

本市では、千葉県及び再拡張後に羽田発着機の飛行経路下となる可能性がある関係25市町とともに、「羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会」を組織し、国土交通省と協議・申し入れを行うなど、供用開始に伴う航空機騒音問題などの解決に向けて取り組んでいます。
過去の協議会の内容については、千葉県空港地域振興課のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

航空機騒音など、羽田空港の運用に関する問い合わせ先

羽田空港に関する航空機騒音などについては、下記の国土交通省の問い合わせ窓口までお願いします。

国土交通省東京空港事務所
電話:03-5757-3032(月曜日から金曜日、午前9時から午後6時、祝日休日を除く)
Eメール:info@franomo.mlit.go.jp

国土交通省「羽田空港のこれから」に関する意見窓口
「羽田空港のこれから」(外部リンク)
電話番号:0570-001-160 (IP電話からは、03-5908-2420

お問い合わせ

環境部 環境保全課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館6階
電話番号:047-366-7337 FAX:047-366-1325

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る