このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

羽田空港の機能強化に関する協議について

更新日:2019年4月25日

羽田空港の航空機運用等に関する「市民相談会」について(2019年5月)(国土交通省主催)

国土交通省では羽田空港の機能強化のため、飛行経路の見直しの検討を進めています。
現在の飛行経路の影響軽減と羽田空港の機能強化の取組みについての最新情報をお知らせするともに、地域の皆様の相談にお応えするため、国土交通省の主催による「市民相談会」が開催されることになりました。

開催日時・場所

市川会場
日時:2019年5月19日(日曜) 午後1時から午後5時
場所:I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ ウエスト 45階展望ロビー(市川市市川南1の10の1)
(JR市川駅前)

船橋会場
日時:2019年5月25日(土曜) 午後1時から午後5時
場所:フェイスビル5階(船橋市本町1の3の1)
(JR・京成船橋駅前)

※その他、「千葉会場」、「木更津会場」、「君津会場」でも開催されます。詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国交省ホームページ 「羽田空港のこれから」ニュースレター(地域特別号2019年春)(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。千葉県ホームページ 羽田空港の航空機運用に関する「市民相談会」の開催について(令和元年5月)(外部リンク)

羽田空港の航空機運用等に関する「市民相談会」について(平成30年3月)

国土交通省では羽田空港の機能強化のため、飛行経路の見直しの検討を進めています。
昨年度に実施された「市民相談会」にて、さらに多くの方に周知すべきとのご意見が寄せられたことを受け、現在の飛行経路の影響軽減と羽田空港の機能強化の取組みについての最新情報をお知らせするともに、地域の皆様の相談にお応えするため、国土交通省の主催による「市民相談会」が、今年度も開催されることとなりました。

開催日時・場所

船橋市会場
日時:平成30年3月11日(日曜) 午前11時から午後5時
場所:船橋市勤労市民センター1階 展示室(船橋市本町4の19の6)
(JR船橋駅徒歩6分、京成船橋駅徒歩4分)

※その他、「千葉市会場」、「木更津市会場」でも開催されます。詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国交省ホームページ 「羽田空港のこれから」ニュースレター(地域特別号2018年)(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。千葉県ホームページ 羽田空港の航空機運用に関する「市民相談会」の開催について(外部リンク)

松戸市内でのオープンハウス型相談会の開催について(平成28年12月)

羽田空港の現在の運用についての市民相談や、今後の取組みについての情報提供を行うため、松戸市内でオープンハウス型の市民相談会を、国土交通省が実施しました。パネル展示と参加者の質問に担当者(国土交通省職員常駐)が答える形式で行われました。

日時

平成28年12月18日(日曜) 午前11時から午後5時
平成28年12月19日(月曜) 午後1時から午後7時

場所

女性センターゆうまつど 4階 ホール
住所:松戸市本町14番の10

関連ダウンロード

お問い合わせ

国土交通省「羽田空港のこれから」に関するご意見窓口
電話番号:0570-001-160

国土交通省へ「羽田空港機能強化の南風時飛行経路の修正案に関する緊急要望書」を提出しました

平成28年7月26日付けで、次のとおり国土交通省航空局長へ要望書を提出しました。
これは、当初の新飛行経路案では、南風の15時から19時において本市上空を通過しない案でしたが、平成28年4月19日に発表された「羽田空港機能強化に関する説明会(第2フェーズ)の結果概要及び環境影響に配慮した方策の検討」の中で新飛行経路案の一部変更があり、本市上空を通過する案となったことから、市民の不安が生じぬよう、国が直接市民に説明する場を求めて要望するものです。

日時

平成28年7月26日(火曜) 午後1時50分

要望内容

1.市民の不安が生じぬよう、詳細な情報を提示すること。
2.市民に向けた説明会等の場を設けること。

について、要望しました。

要望書

羽田空港の 機能強化に関する協議について

現在検討されている都心上空ルートなど羽田空港の機能強化に関しても協議を実施しています。

羽田空港の機能強化の概要

羽田空港では、新たな4本目の滑走路(D滑走路)等の整備による再拡張事業を通じ、平成26年3月には発着容量(昼間時間帯)が約44.7万回になりましたが、国土交通省の予測によると2020年代前半には、現在の計画処理能力の限界に達する見込みとなっております。
国は、国際競争力の強化、2020年東京オリンピック・パラリンピックの円滑な開催等に向け、羽田空港の発着枠拡大をはじめとした首都圏空港の更なる機能強化に向けた検討を進めています。

国土交通省のホームページに、羽田空港の発着容量の拡大のために必要となる方策・考えられる騒音影響、安全の確保等についての説明が掲載されています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。羽田のこれから(国土交通省ホームページ)外部サイト

南風時新飛行経路の引き上げについて

平成26年7月8日に「首都圏空港機能強化技術検討小委員会」の中間とりまとめの詳細が公表され、羽田空港の新飛行経路案において、都心上空を通過する飛行経路が計画案に示されました。
当初案では南風時の15時~19時においては本市上空を通過しない案でしたが、平成28年4月19日に発表された「羽田空港機能強化に関する説明会(第2フェーズ)の結果概要及び環境影響に配慮した方策の検討」の中で、悪天候時以外には到着経路の進入を開始する高度を引き上げるとともに東側に移設する等、現在示ししている南風時の新飛行経路案の一部修正があり、本市上空を通過する案となりました。

詳しくは、国土交通省ホームページをご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。羽田空港機能強化に関する説明会(第2フェーズ)の結果概要及び環境影響に配慮した方策の検討(国土交通省ホームページ)

修正案における15時から19時の松戸市への影響(南風着陸機)
項目  現在 当初案 修正案
天候による通過の有無 南風悪天時のみ 飛行しない 南風時(好天、悪天両方)
飛行経路 松戸市東側を北東から南西 飛行しない 松戸市南側を南東から西
飛行高度 概ね5,000フィート(約1,500メートル)から降下 飛行しない 概ね6,000フィート(約1,800メートル)以上で通過

修正案による本市への影響として、南風時の15時から19時は、飛行高度が上がり騒音値は下がりますが、本市上空を通過する回数が増加することが予想されます。

上記は、第1回首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会で配布された「資料2 首都圏空港の機能強化について」から抜粋したものです。

上記は、平成28年4月19日に報道発表された羽田空港機能強化に関する説明会(第2フェーズ)の結果概要及び環境影響に配慮した方策の検討添付資料から抜粋したものです。

松戸市の対応

本市では、県及び関係8市とともに、羽田空港の機能強化策に関する国からの説明の受け皿となる「羽田空港機能強化に関する連絡調整部会」にて、国と協議しています。

関係9市

千葉市・市川市・船橋市・木更津市・松戸市・佐倉市・君津市・浦安市・四街道市

調整部会の内容については、千葉県空港地域振興課のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 環境保全課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館6階
電話番号:047-366-7337 FAX:047-366-1325

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る