このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
東松戸病院 看護局 Higashi Matsudo Municipal Hospital
東松戸病院トップページ
サイトメニューここまで

本文ここから

認定ナースだより

更新日:2018年10月1日

東松戸病院には、5人の専門・認定看護師がいます。
各専門分野でどのような活動をしているのか、「認定ナースだより」で随時紹介していきます。

「加熱式たばこ」について

デング熱情報

高齢者に多い「むせない誤嚥(ごえん)」

インフルエンザ流行シーズン到来!?

頑張りすぎ!!「もの忘れ」のお話

摂食・嚥下障害看護認定看護師から

慢性呼吸器疾患看護認定看護師(金納)から、「息切れを軽減する呼吸方法と歩き方について」紹介致します。

風しんのお話

専門・認定看護師の紹介です。

専門・認定看護師紹介

認知症看護 (認知症看護認定看護師 川崎智恵)

 わたしが・あなたが認知症になったらどうすればよいのか、慣れ親しんだ自宅でどのように過ごしたら、どう接したらよいのか。
 悩んだりしていませんか。
 そのような方々へ心強い味方として支援させていただきます

がん看護(がん看護専門看護師 岡本容子)

 がん看護専門看護師の役割は、がん患者の身体的・精神的な苦痛を理解し、患者さんやそのご家族に対してQOL(生活の質)向上の視点に立った高水準の看護を提供することです。
 がん看護専門看護師としての活動3年目を迎え、現在は緩和ケア病棟で日々がんと向き合い、共に生きる方々やそれを支えるご家族を接しています。その人にとってのQOLの維持・向上とは何かを考え、患者さんやご家族が大切にしていることを知り、その気持ちに寄り添いながら看護をすることをモットーに日々奮闘しています。

緩和ケア(緩和ケア認定看護師 田中静子)

 9ヶ月間の研修・認定審査を経て、緩和ケア認定看護師の資格を取得しました。
 教育機関で研修を受けるための受験資格の申し込みをする時点で私にとっては難関でしたが、上司の支援もあり受講することができました。週のうち3日は通常勤務、2日は研修というパターンで、レポート・筆記試験に追われるハードな日々でしたが、同僚の協力のおかげで頑張ることができました。
 日頃働く中で、まだまだ緩和ケアについて十分理解されていないと感じます。治療できなくなって受ける、なにかを諦めて仕方なく受けるケアではなく、積極的に、その人にとって、より良い時間を過ごせるために受けるケア=緩和ケアの考えが浸透されるように臨床の場で実践していきたいと思います。

感染管理(感染管理認定看護師 小倉恵美)

 感染対策の要であるICT・推進委員会のメンバーと共に、院内ラウンド等の様々な取り組みを行っています。
 なかでも手指衛生は感染防止においても最も重要な対策のひとつと言われています。病院に関わる全ての人が、適切な手指衛生を行えることを目指して活動しています。

慢性呼吸器疾患看護(慢性呼吸器疾患認定看護師 金納千夏)

 COPD、気管支喘息をはじめ、がんを除く呼吸器疾患を対象とした看護です。死と直結する辛い呼吸困難症状を緩和し、患者とその家族が安心して療養生活を送れるように、安定期、憎悪期、終末期の各病期に応じた呼吸ケア、呼吸機能の維持向上のための呼吸リハビリテーション、個々の病状に応じた自己管理への支援を目指します。

私たちは、患者さんと家族の方が、安心した療養生活を過ごせるように支援します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

松戸市立福祉医療センター東松戸病院 総務課
千葉県松戸市高塚新田123-13
電話番号:047-391-5500 FAX:047-391-7566

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ナースの日常

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

東松戸病院・梨香苑

〒270-2222 千葉県松戸市高塚新田123番地13 電話:047-391-5500(代表)FAX: 047-391-7566(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る